作品紹介

巧い。みごとにだましてくれる。楽しませてくれる。構想は精緻にて秀逸。筆は登場人物心の細部まで及び、風俗の歴史考証もぬかりありません。ページを進めるうちに、いつのまにか江戸市中に身を置いているような思いにとらわれます。そしてなにより、主人公の馬之介が駘蕩として魅力的に描かれています。宮城谷昌光さんの地元より、隆慶一郎さんも脱帽の大型新人の登場です。

担当編集者より
著者は長く愛知県で学校の教員をされてきました。小中の学校長も務められたかたです。しかし、わたくしは思います。作家として立つ道もまたあったのではないかと。それくらい見事な出来栄えのデビュー作です。
目次
陽炎の日々
馬之介悠遊・・・馬之介、火傷する 竜興長崎土産秘画 帰り道
商品情報
書名(カナ) ウマノスケユウユウ クシマユウゾウサクヒンシュウ
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製カバー装
初版奥付日 2022年10月22日
ISBN 978-4-16-009034-7
Cコード 0093

著者

久島 宥三

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

映画・テレビ化情報一覧を見る