作品紹介

日本初のリゾートホテルと日本ホテル史黎明期

創業者・金谷善一郎と金谷カテッジインから新たな歴史が始まった。志を継ぐホテルマンたちの軌跡を綴るノンフィクション

創業者の志を継いだのは、長男・金谷眞一(金谷ホテル)、次男・山口正造(富士屋ホテル)、義甥・坂巻正太郎(レーキサイドホテル)……

《目次》
第1章 金谷カテッジインの誕生/第2章 イザベラ・バードと金谷善一郎/第3章 外国人が描く明治・大正時代の日光/第4章 日本の国際化とホテル/第5章 金谷ホテルの開業と経営/第6章 レーキサイドホテルと坂巻正太郎/第7章 日本式洋食の展開/第8章 嵐を乗り越えて

担当編集者より
明治時代、日光や箱根などの避暑地では、海外からの客人をもてなすための心意気と工夫がなされていました。日本のリゾートホテルの誕生です。とくに日光で金谷侍屋敷から金谷ホテルを立ち上げた金谷善一郎は、西洋人の嗜好や習慣に媚びすぎず、日本の良さを最大限に生かしながらもてなそうとしていました。その志は金谷眞一、山口正造、坂巻正太郎ら英語を学んだ新世代の若者たちに引き継がれていきます。「坂の上の雲」を追いかけたホテルマンらの足跡が分かる好著です。著者は坂巻正太郎の曽孫、監修者は金谷善一郎の曽孫です。
目次
第1章 金谷カテッジインの誕生
第2章 イザベラ・バードと金谷善一郎
第3章 外国人が描く明治・大正時代の日光
第4章 日本の国際化とホテル
第5章 金谷ホテルの開業と経営
第6章 レーキサイドホテルと坂巻正太郎
第7章 日本式洋食の展開
第8章 嵐を乗り越えて
商品情報
書名(カナ) メイジノホテルマンタチノイクン カナヤホテルモノガタリ
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2022年12月12日
ISBN 978-4-16-009038-5
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る