単行本 企画出版

歌三線の民俗誌

沖縄文化の源流を求めて

1,650 (税込)
発売日2024年04月25日
ジャンルノンフィクション
商品情報
書名(カナ) ウタサンシンノミンゾクシ オキナワブンカノゲンリュウヲモトメテ
ページ数 296ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製カバー装
初版奥付日 2024年04月25日
ISBN 978-4-16-009062-0
Cコード 0095

琉歌を知れば、沖縄の心がわかる!

三線はご存じのとおり、ニシキヘビの革を胴に張り、3本の弦を弾いて鳴らす沖縄を代表する楽器です。
主に演奏者によって弾き、歌われるため、「歌三線」と呼ばれています。8886の30文字の琉歌や5586の24字からなる仲風などで構成。
ユイユイ、ヒヤミカチ節、安里屋ユンタなど著名な曲もありますが、その一方で歌われることの少ない消滅が心配される曲目も、また多いのです。
著者は、消滅の危機にある古典の曲にも着目し、歌詞を採集。
沖縄各地の歌の生まれた現場もおとずれ、沖縄人のこころに迫ります。
文献的な価値も高い一書です。

目次

まえがき
琉球古典音楽の系譜
野村流の曲と歌意・随想
あとがき

担当編集者より

著者の宮城鷹夫さんは、本年で100歳。「長生きの秘訣は書くことです」。元沖縄タイムスの記者。入社以来、論説委員長、主筆を務めつつ、沖縄の芸能・民俗文化の発展に献身・寄与されてきました。その集大成となる一冊です。「歌三線には沖縄の人びとの精神、心性が根ざしていますね」。深く広い歌三線の世界をご堪能ください。

著者

宮城 鷹夫

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、こちらから各部門にお送りください。

メディア関係者・図書館の皆様

表紙画像のダウンロード

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

書店在庫
ネット書店で購入
単行本 企画出版

歌三線の民俗誌

沖縄文化の源流を求めて

1,650 (税込)
発売日2024年04月25日
発行文藝春秋企画出版部
ジャンルノンフィクション
商品情報
書名(カナ) ウタサンシンノミンゾクシ オキナワブンカノゲンリュウヲモトメテ
ページ数 296ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製カバー装
初版奥付日 2024年04月25日
ISBN 978-4-16-009062-0
Cコード 0095
書店在庫
ネット書店で購入

Rankingランキング

全て見る

Eventイベント

最新イベント

一覧を見る
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
米国を代表する作家、スティーヴン・キングの特設サイト 東野圭吾「ガリレオシリーズ」公式サイト Bunshun Tech ZERO 2024エンジニア採用 佐伯泰英特設サイト 阿部智里「八咫烏シリーズ」特設サイト 文春文庫は50年を迎えました! 特設サイト