作品紹介

夜ごと馴染の居酒屋に集う中年男からインポに悩む体育会青年まで、今を生きる都会人たちの哀歓をユーモアたっぷりに描く好短篇集

担当編集者より
今から七年前、作家としての仕事が軌道に乗りはじめた矢先に、脳溢血の大発作に見舞われた永倉さん。文字通り生死の境を彷徨(さまよ)った末に、家族や医師、友人たちの励ましで再び小説を書けるまでに回復しました。大病前からの持ち味であるユーモラスでエネルギッシュな筆致に、繊細さと優しさが加わり、独自の境地が開けました。様々な恋愛や恋愛未満に悩み、右往左往する男性たちの生態を、温かい目で見て、笑ってやって下さい。(A)
商品情報
書名(カナ) オケラ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1996年04月10日
ISBN 978-4-16-316160-0
Cコード C0093

著者

永倉 万治

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る