作品紹介

写真は人を写す、モノを写す。さらに言えばその心まで写す。だから写真家は誰よりも、被写体自身よりもその人を見てしまうのです

担当編集者より
元祖カメラ小僧、いま写真界の大御所・秋山庄太郎氏の初めてのエッセイ集です。原節子の手料理を食べ、女優の三宅邦子から「庄ちゃん、あなた、彼女と何もなかったの」などと詰問されるという聞き捨てならないエピソード満載の交遊録です。いま将棋の内藤国雄九段とお茶のテレビCMでお馴染み、京都の市田おばさんのモデル時代の写真など、秘蔵の写真も七十数枚。写真家の目はあの人この人の意外な顔を写し出します。(U)
商品情報
書名(カナ) カメラヒトツデトビダシテ シャシンデツヅルショウワコウユウロク
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 菊判 上製 カバー装
初版奥付日 1995年11月25日
ISBN 978-4-16-350910-5
Cコード C0095

著者

秋山 庄太郎

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る