作品紹介

手術で血糖値85をとり戻した女性

十歳で罹病、合併症に苦しみながら、二度目の膵臓移植手術でインスリン注射無用の体に戻った女性の闘病記と、最新治療レポート

担当編集者より
十歳で糖尿病を患ったが、二十歳代半ばまでは「健康な糖尿病患者」として、インスリン注射を打ちながら、ウォールストリートで働いていた。しかし、じわじわと合併症の神経障害が進む。気分転換にキッチン・キャビネットの塗装作業をしようとカウンターにのぼったとき、肉のこげるような臭いに気づく。なんと、誤って点火していた電気コンロの種火を踏んで、爪先が焦げていたのだ……。現在は、血糖値八十五の体に戻った著者の壮絶な闘病記。(HK)
商品情報
書名(カナ) トウニョウビョウカラノキカン インスリンチュウシャトケツベツシタジョセイ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2000年10月20日
ISBN 978-4-16-356640-5
Cコード C0047

著者

D・バタフィールド

西俣 総平翻訳

岩本 安彦監修

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る