作品紹介

トップが頭を下げれば済むのか?

ミスを仕出かした企業の存亡は謝罪の巧拙にかかっている。企業危機管理のプロが教える「許されるお詫び」と「許されないお詫び」

担当編集者より
会社の不祥事にお詫びの記者会見はつきもの。だが、幹部がズラリと並んで「申し訳ございません」と謝罪すれば済むものではない。反感を買ってしまう逆効果の会見も多いのだ。「許されるお詫び」と「許されないお詫び」はどこがどう違うのか。三菱自動車、雪印、森ビル、日本ハム、石原プロ……。企業の危機管理コンサルタントとして数々の実績を誇る著者が、企業のお詫びを具体的に分析・検討し、危機管理のノウハウを明かします。(IT)
商品情報
書名(カナ) アナタトカイシャヲスクウシャザイジュツ ソレナラユルス
ページ数 232ページ
判型・造本・装丁 四六判変形 上製 並製カバー装
初版奥付日 2004年10月30日
ISBN 978-4-16-366240-4
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る