作品紹介

凄い政治家がいた! 凄い記者がいた!

心臓の異変で緊急入院した大平総理の病室には、様々な思惑を抱えた人物が出入りした。政治と権力の実相に迫る異色のドキュメント

担当編集者より
1980年5月、衆参同時選挙の遊説初日に体調を崩した大平総理は緊急入院、そのまま還らぬ人となった。「自民党40日抗争」で消耗し、消費税3%で国民の袋叩きにあい、それでも総理在任中、休日は1日だけという激務の中での“戦死”だった。その病室には、さまざまな思惑を秘めた政治家たちが出入りした。著者はこのとき、朝日新聞官邸キャップ。当時の極秘取材メモを駆使して「最高権力者の病室」を生々しく描き出す。凄い政治家がいた。そして、本当に凄い記者がいた。(MK)
商品情報
書名(カナ) ケンリョクノビョウシツ オオヒラソウリサイゴノジュウヨッカカン
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2007年04月25日
ISBN 978-4-16-369080-3
Cコード C0095

著者

国正 武重

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る