作品紹介

70年代、元気だった活字文化のエッセンスがよみがえる!

筒井康隆、井上ひさし、吉行淳之介など12人の作家が交替で編集長を務めた希有な雑誌に登場した著名人の本音爆笑インタビュー集

担当編集者より
1970年代、『面白半分』という雑誌が存在しました。吉行淳之介、野坂昭如、開高健、五木寛之、井上ひさし、筒井康隆など12人の作家が交代で編集長を務めた先鋭な雑誌です。その中でも人気のコラムが随筆ならぬ随舌。吉行さんの造語で、インタビューを肉声が聞こえるような文体でまとめたものです。122冊から時代感あふれるベスト随舌を40本セレクション。金子光晴「ストリップ劇場めぐり」から、加藤武「トルコ礼賛」まで。(SK)
商品情報
書名(カナ) オモシロハンブンベストズイゼツセン
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製 カバー装
初版奥付日 2007年08月30日
ISBN 978-4-16-369380-4
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る