作品紹介

「俺たちはシャクルトンを助けるんだ」。南極を逆から上陸した悲劇の部隊

隊員を一人も死なせなかった——シャクルトンの伝説は本当か? 本隊の食料基地設営のために、南極を逆から上陸、遭難していった悲劇の隊

担当編集者より
南極探検のさなかに遭難にあったシャクルトン。エンデュアランス号の2年間の漂流中、ひとりの死者も出さず生還したことで、リーダーの鑑(かがみ)として有名です。ところが、この奇跡の話の裏には、杜撰な計画のために何名もの死者を出していた別働支援隊がありました。彼らは南極横断を目指すシャクルトン本隊とは反対側から上陸し、本隊の食料などを備蓄する拠点づくりに従事していました。本書は、その忘れさられた支援隊の日記や断片的に残された記録などを丹念に集め、その苦闘を生々しく描いた初の本格的ドキュメントです。(TT)
商品情報
書名(カナ) ナンキョクオウダンタイノヒゲキ シャクルトンニケサレタオトコタチ
ページ数 376ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2007年08月30日
ISBN 978-4-16-369390-3
Cコード 0098

著者

ケリー・テイラー=ルイス

奥田 祐士翻訳

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る