単行本

葬式プランナーまどかのお弔いファイル

1,210 (税込)
発売日2012年08月27日
商品情報
書名(カナ) ソウシキプランナーマドカノオトムライ
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2012年08月25日
ISBN 978-4-16-375540-3
Cコード 0095

お金も、知識も、気力すらなくても大丈夫!

新卒で葬儀社につとめた著者は考えました。「結婚式は半年準備するのに、お葬式は3日で全ておしまい。しかもやること多すぎて喪主が徹夜で倒れるなんて、おかしい……」
そこで、日本初の喪主向け葬儀実用誌『フリースタイルなお別れ雑誌 葬』を発行。故人も喪主も納得がいく、いまどきのお葬式を取材・提案してきました。
「絶対ぼったくられたくない!」
「オリジナルな葬儀や散骨を希望されたけど、どうしよう?」
「突然の死で気力がわかない。ゆっくりお別れしたい」
大丈夫です。葬儀社員・まどかを主人公とした9つのお弔いストーリーで、お金がなくても、気力がなくても、知識がなくても「なんとかなる葬儀」をご提案します。
病院で遺体搬送の際に焦らない「1分で決める葬儀社チェックリスト」から、「散骨や樹木葬はOKでも、お骨を庭に埋めたら死体遺棄!?」という合法と違法の境目まで。図版・イラストの実用解説も豊富。これさえ読めば、大切な人とのお別れにも安心です。
プロローグ 一旦帰って葬――予期してなくてもなんとかなる
第1話 D・I・Y葬――葬儀屋ナシでもなんとかなる
第2話 スタンバイ葬――生きてるうちに、なんとかする
第3話 直葬――ふつうじゃなくてもなんとかなる
第4話 アフター葬――お骨と離れがたくてもなんとかなる
第5話 ザ・社葬――とことん凝ってもなんとかなる
第6話 ささやか葬――お金がなくてもなんとかなる
第7話 ヒロイン葬――わがまますぎてもなんとかなる
エピローグ つながり葬――とにかく何もわからなくてもなんとかなる!

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より

「お葬式、絶対ぼったくられたくない!」「オリジナルな葬儀や散骨を希望されて困った」「突然の死で気力がわかない」。大丈夫です。葬儀社員まどかが9つのお弔いストーリーで「なんとかなる葬儀」をご提案します。著者は元葬儀社員にして、日本初の喪主向け葬儀実用誌を発行。豊富な実体験をもとに、「一分で決める葬儀社チェック」から「散骨と死体遺棄の境目」まで、イラスト・図版解説で、大切な人とのお別れにも安心です。(WA)

著者

奥山 晶子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、こちらから各部門にお送りください。

メディア関係者・図書館の皆様

表紙画像のダウンロード

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

書店在庫
単行本

葬式プランナーまどかのお弔いファイル

1,210 (税込)
発売日2012年08月27日
商品情報
書名(カナ) ソウシキプランナーマドカノオトムライ
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2012年08月25日
ISBN 978-4-16-375540-3
Cコード 0095
試し読み
書店在庫

Rankingランキング

全て見る

Eventイベント

最新イベント

一覧を見る
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
今村翔吾さん講演会 「海を破る者 蒙古襲来と長崎」~参加者全員に最新刊『海を破る者』サイン本付~
今村翔吾さん講演会 「海を破る者 蒙古襲来と長崎」~参加者全員に最新刊『海を破る者』サイン本付~
Bunshun Tech ZERO 2024エンジニア採用 東野圭吾「ガリレオシリーズ」公式サイト 佐伯泰英特設サイト 阿部智里「八咫烏シリーズ」特設サイト 米国を代表する作家、スティーヴン・キングの特設サイト 文春文庫は50年を迎えました! 特設サイト