逆境を笑え

野球小僧の壁に立ち向かう方法

1,430 (税込)
発売日2014年03月26日
ジャンルノンフィクション
商品情報
書名(カナ) ギャッキョウヲワラエ ヤキュウコゾウノカベニタチムカウホウホウ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2014年03月30日
ISBN 978-4-16-390041-4
Cコード 0095

野球小僧の元気が出る話

アメリカ人よりポジティブ!

英語がわからなくてもヒーローインタビューに堂々と答え、
ハッスルプレーでスタジアムのファンを魅了する。
いまや全米一愛される日本人メジャーリーガー、川﨑宗則。
モットーは恥ずかしくても前に出る、失敗を恐れず前に出ること。

ホークスで日本一、WBCでは世界一、
そして憧れのイチローを追って、メジャーリーグに挑戦。
天真爛漫で、順風満帆の野球人生に見えるものの、
実は、無名校からプロ入りして、実力不足に絶望し、
スタメン落ちやマイナー降格と
新しい挑戦のたびに、大きな挫折を味わってきた。

それでも、苦しい時こそ前に出よう!
野球小僧・川﨑宗則の人生論。


目次
第1章 メジャーに挑む
【おれがアメリカで学んでいること】
第2章 マイナーの現実
【過酷な状況を味方につける】
第3章 野球小僧の夢
【大切なのは夢中になること】
第4章 甲子園とドラフト
【夢を目標に切り変える】
第5章 プロフェッショナルの洗礼
【挫折と絶望を乗り越える方法】
第6章 ホークスの猛者たち
【レジェンドから盗んだこと】
第7章 WBCとイチローの衝撃
【光に向かって進むだけ】

野球小僧だった少年時代から、中学時代のイチローを見た衝撃、
小久保、松中、城島、井口らホークスの先輩たちから学んだこと、
メジャーリーグでの新たな挑戦まで。
川﨑ムネリンの発想法が見えてくる。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より

憧れのイチローを追って、2012年にメジャーリーグに挑戦した川﨑宗則。英語が話せなくてもノープロブレム! 笑顔とボディランゲージと日本語で発信し、いまやアメリカ人の最も愛する日本人メジャーリーガーと言われるほどだ。
とはいえ、川﨑はホークス時代、WBC、そしてメジャーリーグで、それぞれ大きな壁にぶち当たっている。
実力不足、スタメン落ち、マイナー降格……。がっくりと落ち込みそうな出来事のたびに、生粋の野球小僧はどうやって切り抜けてきたのか。読むと元気が出てくる、川﨑宗則の発想法。

著者

川﨑 宗則

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、こちらから各部門にお送りください。

メディア関係者・図書館の皆様

表紙画像のダウンロード

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

書店在庫

逆境を笑え

野球小僧の壁に立ち向かう方法

1,430 (税込)
発売日2014年03月26日
ジャンルノンフィクション
商品情報
書名(カナ) ギャッキョウヲワラエ ヤキュウコゾウノカベニタチムカウホウホウ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2014年03月30日
ISBN 978-4-16-390041-4
Cコード 0095
試し読み
書店在庫

Rankingランキング

全て見る

Eventイベント

最新イベント

一覧を見る
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
東野圭吾「ガリレオシリーズ」公式サイト 阿部智里「八咫烏シリーズ」特設サイト 米国を代表する作家、スティーヴン・キングの特設サイト 文春文庫は50年を迎えました! 特設サイト 佐伯泰英特設サイト Bunshun Tech ZERO 2024エンジニア採用