単行本

笑うお葬式

1,375 (税込)
発売日2017年10月12日
ジャンルエンタメ・ミステリ
商品情報
書名(カナ) ワラウオソウシキ
ページ数 184ページ
判型・造本・装丁 四六判 小口折 仮フランス装
初版奥付日 2017年10月15日
ISBN 978-4-16-390730-7
Cコード 0093

「金スマ」で放映決定。待望の単行本化!

破天荒に生きた父に捧ぐ!
「金スマ」2時間スペシャルで大反響を呼んだ父と娘の感涙の物語

野沢直子さんの父親ほど破天荒で魅力溢れる人物がほかにいるでしょうか。
まったく奇抜なアイディアで事業を成功させたり、完全に失敗したりを繰り返し、愛人
をあちらこちらに持つ父。しかし家族のことは大切にしていました。その父が死に、通帳
には千円の残高しかなかったのでした。
父には一生背負わなければならなかったある経験がありました。それらの秘密や、家族
の大切な記憶が徐々にひもとかれていきます。野沢さんの祖父は、直木賞候補と目された
作家、陸直次郎。一家を支える三味線の師匠である祖母と、夫を信じ、愛人との駆け落ち
も受け入れる母。叔父に声優の野沢那智氏。
事業を手掛けては失敗する父と、成功を信じて疑わない母。その間で、野沢さんは懸
命に「お笑いの道」を目指します。ところが母親の死後、韓国人の隠し子が現れ、最後の
章では、誰もが仰天するあらたな出会いが待っています。
「文藝芸人」(文春ムック)掲載時に、読者から「リリー・フランキー『東京タワー』
に匹敵する親子愛の名作」と絶賛された作品に、格闘家デビューした長女、野沢・真珠オ
ークライヤーと激しく争った子育ての日々などを、大幅に加筆しました。懸命に生きる野
沢家の人々の姿は、可笑しくてせつなくていとおしい。全編笑いに包まれながら、涙をな
くして読むことができない本書は、小説を越えた小説と言えるでしょう。野沢直子さんは
やはり並の人間ではなかった!

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より

2015年に亡くなった野沢さんの父は、事業の失敗や失踪を繰り返し、日本人や韓国人と四度の結婚、離婚を経験するなど、まさに破天荒な人生を送りました。
その父親に抱いていた嫌悪と、それでも愛さずにはいられない肉親の情を、野沢さんが率直に綴ります。父の成功を信じ、愛人の存在も受け入れる母など、懸命に生きる野沢家の人々の姿は、可笑しくて、切なくて、いとおしい。
泣いて笑ってまた泣いてしまう、渾身の感動作が誕生しました。

著者

野沢 直子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、こちらから各部門にお送りください。

メディア関係者・図書館の皆様

表紙画像のダウンロード

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

書店在庫
ネット書店で購入
単行本

笑うお葬式

1,375 (税込)
発売日2017年10月12日
ジャンルエンタメ・ミステリ
商品情報
書名(カナ) ワラウオソウシキ
ページ数 184ページ
判型・造本・装丁 四六判 小口折 仮フランス装
初版奥付日 2017年10月15日
ISBN 978-4-16-390730-7
Cコード 0093
試し読み
書店在庫
ネット書店で購入

Rankingランキング

全て見る

Eventイベント

最新イベント

一覧を見る
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
文春文庫 50周年×「陰陽師0」「文春文庫 50th 時を超える名作フェア」 全国主要書店にて開催中! 佐伯泰英特設サイト 吉永南央「紅雲町珈琲屋こよみシリーズ」特設サイト 米国を代表する作家、スティーヴン・キングの特設サイト 阿部智里「八咫烏シリーズ」特設サイト 文春文庫は50年を迎えました! 特設サイト