作品紹介

今一番白鵬を知る著者の自信作!

白鵬が語る、土俵の真実。
「私は幸せだろうか」の真意とは。

一人の男が、9年(いずれも年間最多勝)もの長きに渡って、国技の頂点に君臨し続けたという事実――。
日馬富士の暴行事件に端を発し、以降マスコミのターゲットとなってしまった横綱・白鵬。2017年九州場所であげた優勝40回の偉業を誰が評してくれたか。本書を読めば、これまで白鵬が何を考え、何と向き合い、何を求めてきたのかがありありと分かる。それを知れば、必要以上に彼を責めるようなことは出来なくなるだろう。彼の言動や行動にある背景も理解できるはずだ。
8年をかけて100時間余りのインタビューを重ねてきた、元日経新聞社会部の記者、朝田武藏氏。その取材から、白鵬の人生を彩る3つの歴史的舞台を本書にまとめた。

Ⅰ 不滅と言われた優勝記録32回を、白鵬が超えるに至る『大鵬越え伝説』。
Ⅱ 相撲の神様、双葉山の69連勝に、白鵬が挑み、あと一歩という場面で、稀勢の里に敗北した『未完の伝説』。
Ⅲ 30歳を過ぎた白鵬が、受難の2年間を乗り越え、通算勝利記録を更新した『1048勝伝説』。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

目次
Ⅰ大鵬越え「心技体。8割は心である」2014年夏場所―2015年春場所
第1章 大局観その壱「自分に打ち勝つという事」
第2章 2015年春、最強の証明。「今が一番強い」
第3章 大局観その壱「こころを真ん中に置くという事」
第4章 大局観その壱「最前を図り、最悪に備えるという事」
第5章 大局観その壱「一番の敵は自分であるという事」

Ⅱ慟哭、稀勢の里戦「これが負けか」2010年初場所―2010年九州場所
第1章 大局観その壱「最強の夢、未完の夢、終わらぬ夢」
第2章 大局観その壱「柔らかさは力に勝り、柔らかさは速さに勝つ」
第3章 11・15、敗北。「平成の連勝記録が止まった日」
第4章 大局観その壱「忘れる努力、開き直る努力、運に勝つ努力」

Ⅲ「甦る野性」苦悩の果てに……
第1章 大局観その壱「自分を追い込むという事」2015年夏場所―2017年夏場所
第2章 1048、復活。「灼熱の15日間」2017年名古屋場所
商品情報
書名(カナ) ハクホウデン
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2018年01月25日
ISBN 978-4-16-390788-8
Cコード 0095

著者

朝田 武藏

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る