作品紹介

原発事故により立ち入りが制限される中、自力で行方不明の家族を捜し続ける。

東京電力の副社長が泣いていた。
2016年2月3日、東京・内幸町の本社応接室。福島の、ある被災者に話が及んだ時だった。「すみません…。上野さんの話をすると、つい込み上げてしまって」。福島復興本社代表を務める石崎芳行副社長(63=当時)は、鼻をすすって息を整えた。「上野さん」とは、上野敬幸さん(44=同)のことだ。南相馬市沿岸部の萱浜(かいばま)地区で農業を営んでいる。その上野さんの話に、副社長はなぜ泣いたのだろうか。

東日本大震災では、津波によって多くの人命が失われた。波にさらわれた子どもや親を、絶望の中で探し続ける人々は少なくなかった。だがそのとき、福島第一原発の事故が立ちはだかる。飛散した放射性物質の汚染のため、自衛隊も警察もやってこず、ただ地元の人々が協力しあって人力で捜索しなければならない地区があった。またあるいは、原発から20キロ圏内の警戒区域に住んでいた者は、家族を探すために地域に立ち入ることすら叶わなかった。彼らの怒りは当然、東電に向いた――。

本書は津波によってさらわれた家族を捜し続ける人々と、そこに加害者として向き合わざるを得ない東京電力の人々に取材したノンフィクションである。被害者ー加害者の関係は厳としてあるが、同時に単純には割り切れない人間と人間の関係も、そこには生まれてくる。震災と原発事故の現場で追った、慟哭の人間ドラマ。

真実を知ることが希望につながる。希望を信じて生きることが失われた命への誠実な祈りとなる。――天童荒太氏(作家)

商品情報
書名(カナ) サガスヒト ツナミトゲンパツジコニオソワレタハマベデ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2018年08月10日
ISBN 978-4-16-390861-8
Cコード 0095

著者

廣瀬 正樹

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る