作品紹介

戦後、1000人の孤児の生を支えたひとりの男がいた!

NHK「プロジェクトX」の元プロデューサーが描く、実在の人物をモデルにした感涙の物語。

太平洋戦争当時、東京大空襲などによって、多くの戦災孤児がうまれました。戦後の混乱のなか国の支援もなく、両親も家も失った孤児たちは、ある者はなすすべもなく命を失い、またある者は生きるために悪の道を受け入れざるをえませんでした。
その孤児たちに手を差し伸べたのが、本作『光の人』の主人公、門馬幸太郎です。二十代の若き門馬は教師の職を投げ打ち、収入の見通しもないまま、孤児たちとの共同生活を始めます。
実は、この小説には実在のモデルがいます。NHK「プロジェクトX」のプロデューサーだった著者の今井彰さんは、パーソナリティをつとめるラジオ番組でこの人物に出会いました。その生き方に心を打たれた今井さんは以来、取材を重ね資料を集め、書き下ろし小説として、彼の人生を結実させたのです。
食糧難から親の虐待へ。孤児たちが味わう苦しみの様相は時代とともに変わりますが、門馬は公的な支援がないまま、その一切から逃げることなく、戦後1000人の孤児を育てました。その背景には、門馬自身の悲惨過ぎる戦争体験がありました。
こんな素晴らしい男が日本にいたのか。そんな圧倒的な感動と衝撃に言葉を失います。読めば絶対に泣けてしまう、心を揺さぶる感動巨編の誕生です。

担当編集者より
著者の今井彰さんのメッセージです。
〈激動の戦後、千人の孤児たちの命と未来を守りぬいた人がいた。最も深く大きな愛だった。その時、彼は十七歳の少年先生。職も我欲もなげうって、半世紀に及ぶ茨(いばら)の道を歩いた。この小説は着想から、六年の歳月をかけて書き上げた。この国の歴史には記されなかった切なく雄々しい愛の物語である〉。
この本の読者が、一人の男の奇跡のような生を通して、人間の計り知れない素晴らしさに出会うことを、確信します。
目次
プロローグ 巡り合う者たち
第一章 戦争孤児
第二章 試練の季節
第三章 嘆きの拳
第四章 日本脱出
第五章 棄児
第六章 王道楽土
商品情報
書名(カナ) ヒカリノヒト
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 四六判 小口折 並製カバー装
初版奥付日 2018年09月30日
ISBN 978-4-16-390897-7
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る