作品紹介

いじめに悩む子どもたちが、未来の扉を開くために――

あなたの時間はあなたのもの。
あなたの命はあなたのもの。
誰にも奪うことはできない。

タレント、女優、歌手、声優として活躍する中川翔子さんが、いじめで不登校になり、「死にたい」とまで思い詰めた先に見つけた気持ちを文章と漫画で綴ります。
大人になったいま、中川さんがなによりも伝えたいのは「ゼッタイに、死を踏みとどまってほしい」という切実な思い。
本書では中川さんがSNS時代のいじめの現状を専門家や子どもたちにも取材して、「いじめをなくすためにいまできることは何なのか」についても考えていきます。
いじめで傷つき悩んでいる子供たち、さらには、その周囲のすべての親や教育関係者にも向けた渾身のメッセージです。

学校に行くのがつらい、そんな夜に読んでほしい。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

目次
もくじ

はじめに

第一章 わたしのいじめ体験

スクールカーストのなかで
「キモい子」というレッテル
自分の好きなことを否定された修学旅行
誰からも話しかけてもらえない苦しみ
「あいつ、ゲロマシーンじゃね?」
地獄のランチタイム
大人の裏切り、ローファー事件
母との大ゲンカ


第二章 いまの時代のいじめについて
〈インタビュー〉

まずは大人に変わってもらいたい
みゆうさん

「逃げ道」ではなく「違う道」
ちはるさん

誰もがいじめの標的になる時代
石井志昂(「不登校新聞」編集長)

第三章 いじめ時間をサバイブする

「卒業すれば楽になるよ」と言われても
今日一日をサバイブする
「死にたい衝動」とどう向き合うか
心の傷は一生消えない
いじめを連鎖させないためにできること
いじめているほうが一〇〇パーセント悪 い
「助けて」と声をあげてほしい
学校以外の居場所は必ずある
学校が変わることで道は開ける
わたしの未来をみつけてくれた先生の話
インターネットとSNS教育

第四章 未来の種を見つける「さなぎの時 間」

「明るい遺書」が人生の転機に
共感できる人は必ずいる
十代の「暗黒時代」がいまの自分を作っ た
「自分が幸せと思える瞬間」を見つける
いじめのサインを見逃さないで
「隣(とな)る人」になる
いじめている君へ
すべての命に尊い奇跡がある
あなたの命は誰にも奪うことはできない
商品情報
書名(カナ) シヌンジャネーゾ イジメラレテイルキミハゼッタイワルクナイ
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2019年08月10日
ISBN 978-4-16-391072-7
Cコード 0095

著者

中川 翔子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る