作品紹介

「いだてんロス」は本書が救う!

2019年、幾多の波を乗り越えて、堂々完結したNHK大河ドラマ「いだてん」。
この作品は大きく分けて二部構成。日本マラソンの父、と呼ばれる金栗四三を主人公にした第一部が24話まで、そして、第二部は、東京にオリンピックを招致するために奔走した田畑政治を主人公にした25~47話まで。

本書は、第二部のシナリオ本となる(*第一部のシナリオ集も発売中)。

著者の宮藤官九郎氏にとっては4年がかりの大仕事となった「いだてん」。本書は決定稿と言われる撮影前の台本。撮影、編集によってあえなくカットされてしまった大事なセリフもここには残っている。また、第二部の終盤、支流となっていたストーリーがダイナミックに合流しまさに「大河」となる作りは、本書にて感動とともに確認することができる。
「いだてん」が終わって泣いている貴方にはぜひおすすめの書籍。

巻末には、主人公田畑政治を演じた阿部サダヲインタビューと、演出家の、井上剛、西村武五郎、一木正恵、大根仁と制作統括の訓覇圭の座談会も収録されている。これらを読むと、この作品のONE TEAMを感じることができる。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

商品情報
書名(カナ) エヌエイチケイタイガドラマイダテンカンゼンシナリオシュウ ダイニブブ
ページ数 504ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2019年12月20日
ISBN 978-4-16-391146-5
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る