作品紹介

日本を代表するトップアスリートたちの「ポジティブな思考法」を松岡修造さんが解説。
困難に立ち向かい、打ち勝つためのヒントを伝える!

【本文より】
第一線で活躍しているアスリートは大かれ少なかれ、いくつかの困難に立ち向かい、それを乗り越えて強い選手に成長しています。
怪我、スランプ、環境の変化、病気など、あらゆる壁にぶち当たったときにはまりやすいネガティブな思考を、彼らは独自の方法でポジティブに転換しているのです。
僕はその方法を学び、自分のライフスタイルに取り入れることで、ポジティブ思考に切り替えるスイッチを少しずつ増やしてきました。
そして、そんなアスリートたちのポジティブ思考の作り方=「ポジティブラーニング」をいつかたくさんの人たちにも伝えたい、とずっと考えていました。

今、コロナ禍の中で多くの人が先の見えない不安を抱えながら生きています。本書を手に取ってくださった方の中にも、今はとても前向きな気持ちにはなれない、という人は多いと思います。
でも、そんな人にこそ是非読んでいただきたい。
苦しい状況下で生き抜くための、前向きになれるヒントをきっと見つけられると思うのです。

【目次】
◆Positive learning 1 テニス 錦織圭から学ぶ「自分の壁を打ち破る勇気」
◆Positive learning 2 競泳 池江璃花子から学ぶ「〝辛〟を〝幸〟に変える転換力」
◆Positive learning 3 テニス 大坂なおみから学ぶ「うまくいかないときの適応力」
◆Positive learning 4 フィギュアスケート 羽生結弦から学ぶ「逆境を成長の糧にする力」
◆Positive learning 5 卓球 伊藤美誠から学ぶ「〝魔物〟を味方につける思考法」
◆Positive learning 6 車いすテニス 国枝慎吾から学ぶ「困難を受け入れバネにする強さ」
◆Positive learning 7 フィギュアスケート 浅田真央から学ぶ「どんなときも逃げずに挑戦する力」

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

商品情報
書名(カナ) ヨワサヲツヨサニカエル ポジティブラーニング
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 四六判変型 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2020年11月25日
ISBN 978-4-16-391284-4
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る