作品紹介

 新型コロナウイルスが蔓延した武漢。
 あのとき中国で何が起きていたのか?
 亡命中国人作家による告発のドキュメンタリー・ノヴェル。


 佐藤優氏、戦慄。
「コウモリの謎」に戦慄した。習近平帝国の秘密が暴かれる。
 新型コロナウイルスについて描いた多々ある小説の最高傑作。
                       ――佐藤優

 
 妻子の待つ武漢へ、男はロックダウンされた大地をひとり行く。
 彼が中国に帰国したのは、新型コロナウイルス蔓延により、故郷・武漢がロックダウンされたその日だった。すべての交通手段は遮断され、ひとたび感染を疑われれば強制隔離が待つ。地方政府にかけあい、バイクや舟を駆り、あるいは地方の小村などを経ながら、彼はただひとりの決死行をつづける。

 ネットを通じて、またドイツの知人を通じて続々と入ってくる新型コロナ発生と蔓延の闇。武漢ウイルス研究所を取材しようとした若きネットジャーナリストはライブ配信の最中に官憲に踏み込まれ、「失踪」する。ウイルス研究に関する内部告発は次々に「デマ」とレッテルを貼られて消されてゆく……。

 長い旅路の果て、彼を武漢で待つ運命とは?

商品情報
書名(カナ) ブカンウィルスシュウライ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2021年08月10日
ISBN 978-4-16-391414-5
Cコード 0097

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る