作品紹介

国民的人気のダンス&ボーカルグループEXILEのパフォーマーであり、三代目 J SOUL BROTHERSのリーダー兼パフォーマーとして活躍する小林直己さんの初めての記念すべき半自伝的エッセイ!

◆人生で訪れる、大小さまざまな選択に悩む、全ての世代の人に!
◆コロナ禍における葛藤や、新たな生活に向けた小林直己の回答が描かれる!
◆EXILE/三代目J SOUL BROTHERSの活動の裏側が、メンバーである小林直己の目線でついに明かされる!

2020年、三代目J SOUL BROTHERSはデビュー10周年を迎え、2021年EXILEは20周年を迎えた。

コロナ禍の自粛期間、相次ぐライブが中止になる中、迷い、苦しんだ日々。
小林直己は自身を振り返っていく。

不登校になった少年時代。
ダンスに出会い、哲学科の大学生からEXILEのメンバーになった。
HIROを筆頭に、メンバーたちと切磋琢磨し、試行錯誤しながら深めていった絆。
コロナ禍の不自由な生活で感じたこと。未来に向かって挑戦していること。
支えてくれた多く人に。自分を育て、成長させてくれた人びとに伝えたいこと———。
日々訪れる何気ない「選択」が小さな「奇跡」を生み、それを積み重ねることで今があると気づいた今。

これまで語られなかった小林直己の心の裡(うち)が初めて明かされる。
EXILEとして、三代目J SOUL BROTHERSのリーダーとして、生きることへの情熱と心の裡を綴った、初めての半自伝的エッセイ。

週刊文春のグラビアとコラボした撮り下ろし写真も多数収録!

<目次>
まえがき
第一幕 LDHとEXILE
第二幕 EXILEという夢の作り方
第三幕 「三代目 J SOUL BROTHERS」という運命
第四幕 小林直己
第五幕 選択と奇跡

幕間コラム① おたま
幕間コラム② にがみ
幕間コラム③ リモート
幕間コラム④ 好きなもの

あとがき

<著者より>
生きていると毎日のように訪れる大小さまざまな選択。
僕が選択してきた道の上には
たくさんの奇跡が散りばめられていて、その奇跡を拾い集め、今を生きているということにこの本を書いて気付かされました。

担当編集者より
最初に原稿を読んだ第一印象は、「文章が上手い!」でした。幼少期から、ダンスの面白さに目覚め、大学生になったものの、夢を追いかけるため、人生を選び、ひたむきに生きる直己さんの姿や思いが率直に伝わってきました。コロナ禍を通じて、日々の暮らしがいかにかけがえのないものだったのかと気づく直己さん。あっと驚くような衝撃の告白もあり、心をぎゅっとつかまれるような場面も出てきます。
またEXILE、三代目 J SOUL BROTHERSのメンバーのみなさんとの熱い絆やあたたかい交流——読み終わるころには、心の中に清らかなせせらぎが流れているような、そんなエッセイです。
目次
まえがき
第一幕 LDHとEXILE
第二幕 EXILEという夢の作り方
第三幕 「三代目 J SOUL BROTHERS」という運命
第四幕 小林直己
第五幕 選択と奇跡
幕間コラム① おたま
幕間コラム② にがみ
幕間コラム③ リモート
幕間コラム④ 好きなもの
あとがき

【選択と奇跡】https://youtu.be/n0sMu6Xvh2s
【文春オンライン】
https://bunshun.jp/articles/-/50816
【音楽ナタリー】 https://natalie.mu/music/news/454849
【GQ JAPAN】
https://www.gqjapan.jp/culture/article/20211202-naoki-kobayashi-intv-1
【リアルサウンド BOOK】https://realsound.jp/book/2021/12/post-914781.html

商品情報
書名(カナ) センタクトキセキ アノヒボクノミョウジハエグザイルニナッタ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2021年11月25日
ISBN 978-4-16-391437-4
Cコード 0095

著者

小林 直己

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る