作品紹介

僕たちは、馬場さんが
好きで好きで、たまらなかった……。

プロレス界のレジェンドを
誰よりも知る男の、35年にわたる
涙と笑いの回想録。

ジャイアント馬場が没して二十余年。
最古参プロレスジャーナリストが振り返る、
昭和の「巨人」と伴走した遥かなる日々。

【著者略歴】
門馬忠雄(もんま・ただお)
1938年(昭和13年)、福島県相馬市生まれ。
62年、東京スポーツ新聞社に入社。
入社3年めからプロレス担当となり、
年間200日は出張取材に赴いていたという。
86年に退社し、プロレス評論家となる。
以来、「Sports Graphic Number」などで活躍。
93年に脳梗塞で倒れるが、リハビリ後、執筆活動を続ける。
同じ歳のジャイアント馬場との交流は、35年に及んだ。

【目次】
第一章 「ジャイアント馬場」のできるまで

第二章 ドロップキックが時代を変えた

第三章 全日本プロレスのボスとして

第四章 多芸多才の人

第五章 巡業の旅は、東へ西へ

第六章 強き妻・馬場元子さん

第七章 いまは、懐かしい人たち

第八章 さようなら、馬場さん

目次
第一章 「ジャイアント馬場」のできるまで

第二章 ドロップキックが時代を変えた

第三章 全日本プロレスのボスとして

第四章 多芸多才の人

第五章 巡業の旅は、東へ西へ

第六章 強き妻・馬場元子さん

第七章 いまは、懐かしい人たち

第八章 さようなら、馬場さん
商品情報
書名(カナ) ウンジョウノキョジン ジャイアントババ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2021年10月30日
ISBN 978-4-16-391456-5
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る