作品紹介

テレビでもおなじみの経済評論家、加谷珪一さんの最新作。タイトルは「脱日本入門」ですが、海外移住だけの本ではありません。日本にいても、海外の株を買えば、それは立派な脱日本。成長が止まった日本にこだわっていては、我々の資産の成長も止まったままです。投資やサイドビジネスなど、個人の経済活動の目を海外に向けただけで、状況は180度変わります。今のお給料のうち決まった割合を投資に回すと決める。投資額が足りなければ、サイドビジネスを考える。まずはそこから始まります。次に投資先。加谷さんはここで「脱日本」を指南します。結局、株式はその国のGDPの成長分だけ上昇するという事実に目を付け、世界で成長が著しい地域を探します。そして、肝心なのは、「その国でいちばん有名な会社の株を買う」こと。そして、5年間の営業利益が黒字ならば、ネット証券を通じて購入する。このように、手取り足取り、じつに詳しく、海外投資を指南してくれます。心強いのは、ここに書いてある手法は実際に加谷さんが実行して、そして数億円の資産を築いたということです。資産家の子弟でもない普通のサラリーマンだった加谷さんが、今、億万長者になった、その手の内を披露してくれるのです。世間の投資本にありがちな、リスクを無視した一攫千金を薦めるところは微塵もありません。じつに手堅い手法ながら、必ず儲かるやり方なのです。「失われた30年」を漂流する日本をあきらめて、海外に目を向けるだけで、私たちの老後は希望のあるものに変わります。ここでは「投資」「副業」「本業」「場所」の4つの「脱日本」について説明します。最後の「場所」は海外移住ですが、それ以外の3つは日本にいながらにして実現可能です。とにかく、明日からでも始められる投資のバイブルです。

担当編集者より
編集者を30年以上やってきて、投資本には常に懐疑的でした。ところが、はじめて、「このとおりにやれば、俺も金持ちになれる」という本に出会いました! サラリーマンが最低限のリスクで億万長者になれる方法。それがここにあります!
目次
はじめに

序章 10年後の日本はこうなる
    日本はすでに貧しい国になりつつある
    日本人の給料が今後も上がらない理由
    事実上の生涯雇用で平均賃金はさらに低下
    稼ぎの絶対額を増やさないと豊かな暮らしはできない
    海外に目を向けないと有利な機会は得られない
    副業も海外を意識してみる
    キャリアに対する基本的な価値観が変わる
    ビザという最大の問題をクリアするか
    
PART1 投資の脱日本
    長期の株式投資は資産形成の王道
    外に目を向けると高成長が続く国がたくさんある
    経済学を精神的な支えに投資を継続
    安全確実な銘柄を選択するのは簡単
    投資信託は買うべきなのか?
    FXには手を出さない方がよい理由
    どうしても不動産に投資したい場合にはREITを選択すべき
    インフレ対策としての金の魅力
    やはり米国市場が最優先
    銘柄の選別はシンプルに行うのがベスト
    
PART2 副業の脱日本
    eBayを利用して海外で稼ぐ
    まずはPayPal講座を解説しよう
    住所や電話番号の英語表記に慣れておこう
    電話番号は最初のゼロを省略する
    まずは買い物から
    相手の立場に立てるかが成否を決める
    商品紹介を通じてグローバルな感覚を身につける
    何が売れるのかを知る
    外国を意識することなく出品できる環境が整いつつある
    東南アジア市場も一体化が進んでいる
    
PART3 本業の脱日本
    アジアの賃金はすでに日本並み
    メンバーシップ型などという制度は諸外国には存在しない
    それほど英語が出来なくても問題ない
    最近、台湾留学が注目されている理由
    日本人は教育格差をむしろ是認している
    米国に留学しても米国では就職できない?
    アジアの方が現地就職しやすい
    意外と重要な日本での学歴と職歴

PART4 場所の脱日本
    カギを握るビザ取得
    観光ビザや就学ビザで仕事はできない
    実は学歴がとても重要
    リタイアメントビザ
    教育目的でシンガポールに移住
    就学だけでビザを取得できるか
    
最終章

おわりに

商品情報
書名(カナ) ダツニホンニュウモン
ページ数 200ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2021年12月10日
ISBN 978-4-16-391481-7
Cコード 0095

著者

加谷 珪一

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る