作品紹介

もっともわかりやすくて刺激的な2022年のAI論

意味がわかるとは何か? 人間の無意識は奪われているか? 世界を再構築できるか? 最先端の知性が見ている、AIと人類の現在地。

目次
はじめに 生活と社会のなかの人工知能 山本貴光

TALK1
三宅陽一郎 「世界と知能を再構築する」
エッセイ 人と人工知能の拡張――メタバースとスマートシティ、リアルと仮想を越えて

TALK2 
川添愛「意味がわかるとは何か」
エッセイ 〝信頼できるAI〟に向けての課題 

TALK3 
大澤真幸「無意識が奪われている」
エッセイ 〈無為〉という能力

TALK4
座談会「私たちはAIを信頼できるか」
大澤真幸、川添愛、三宅陽一郎、山本貴光、吉川浩満

AIと人類の36冊  山本貴光&吉川浩満

おわりに 吉川浩満
商品情報
書名(カナ) ワタシタチハエーアイヲシンライデキルカ
ページ数 232ページ
判型・造本・装丁 四六判変型 軽装 並製
初版奥付日 2022年09月10日
ISBN 978-4-16-391594-4
Cコード 0095

著者

大澤 真幸

川添 愛

三宅 陽一郎

山本 貴光

吉川 浩満

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

映画・テレビ化情報一覧を見る