単行本

パンデミックを終わりにするための

新しい自由論

1,650 (税込)
発売日2023年05月25日
商品情報
書名(カナ) パンデミックヲオワリニスルタメノ アタラシイジユウロン
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2023年05月30日
ISBN 978-4-16-391699-6
Cコード 0095

人権への過剰な配慮が、この国のパンデミックを長引かせている

この5月で新型コロナは2類から5類に移行し、日本のパンデミックもやっと終わりを告げることになった。
世界でパンデミックが発生した当初こそ、欧米での死者のあまりの多さに比べ、日本ではそこまでの被害が出ていなかったことから、ファクターXなどと、日本の特殊性を強調する声もあがった。
しかし、それは幻想だった。欧米ではいち早くパンデミックを終息させ、マスクのない日常を取り戻しているのに、日本ではだらだらと感染拡大は続き、丸3年たってもマスクを外せない暮らしが続いていた。
なぜなのか。
それは、日本が人権を制限できない国だからだ。
前の戦争の反省から、日本は人権の制限に極端に及び腰な国家になった。
しかし、感染症対策は、どこかで人権を制限しなければ効果的に行えないところがあるのだ。
たとえば行動の自由を制限するロックダウン。欧米ではほとんどの都市でロックダウンが行われたが、日本では「お願い」「自粛」のレベルでしか行動は制限されなかった。
今回のパンデミックが史上初めてワクチンによって終息するものとなることは最初から明らかだった。しかし、日本ではワクチンの接種も「推奨」であって、「義務」ではなかった。

本書はWHOでパンデミック対策に従事したこともある筆者による、新しい自由論である。
筆者は、感染症対策が、植民地経営と密接な関係にあることに着目。日本も台湾や朝鮮といった植民地を持っていた戦前は防疫先進国であったことを明らかにする。また、感染症対策が、戦争のたびごとに進化してきた事実に触れる。
そこから、ある程度人権を制限した中でなければ、対策の効果が出ないことを明らかにしていく。
人権は大切だが、それが制限される局面もある。国家は国民を説得し、そのことを許してもらわなくてはならない。それこそが、今後、国家に期待される役割なのである。

国民は3年間、不自由に耐え、できることはすべてやった。あとは政府の決断だけだ。

目次

難民列車に乗って――はじめに

第1章 生物兵器開発と感染症
【コラム1】トロイ発掘を支援した医師

第2章 民主化がもたらした新型コロナ国防の弱点

第3章 日本産ワクチンはなぜできなかったのか

第4章 世界のワクチン開発競争
【コラム2】「交差接種」の衝撃

第5章 スタート地点に立っていなかったワクチン獲得競争
【コラム3】集団免疫における「接種一回」の重み

第6章 開発競争での敗戦が意味するもの

第7章 ウイルスの起源、研究所漏洩説
【コラム4】「ペイシェント・ゼロ」は二〇一九年十月発生か?

第8章 ワクチンを接種しない自由

【コラム5】新型コロナパンミックとシュタイナー主義
【コラム6】世界で初めての反ワクチン運動
【コラム7】ハンザ自由都市ハンブルクの濾過池

第9章 守るために制限する自由

【コラム8】ロックダウン明けの街で見たもの

真夏の夜の夢――おわりに 

担当編集者より

真実には残念なこともたくさんあります。国家が人権を制限することは、自由主義国家としてありうべからざる事態ではありますが、そうしないと解決しない問題もあります。戦後、日本が目を背けてきた戦争もそうです。どこかの国の軍隊が突然現れ、上陸しようとしているとき、自衛隊は海岸線にある民家を接収できません。同じように、ロックダウンやワクチン接種の義務化も、今の日本ではできません。政府がそれをすることを許すかどうか。民主主義国家として、これこそ議論すべき最大のテーマです。みなさんにも、よく考えていただけたらと思っています。

著者

村中 璃子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、こちらから各部門にお送りください。

メディア関係者・図書館の皆様

表紙画像のダウンロード

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

書店在庫
ネット書店で購入
単行本

パンデミックを終わりにするための

新しい自由論

1,650 (税込)
発売日2023年05月25日
商品情報
書名(カナ) パンデミックヲオワリニスルタメノ アタラシイジユウロン
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2023年05月30日
ISBN 978-4-16-391699-6
Cコード 0095
試し読み
書店在庫
ネット書店で購入

Rankingランキング

全て見る

Eventイベント

最新イベント

一覧を見る
【3/30(土)】麻布競馬場×メン獄トークショー「令和の会社員人生を駆け抜けろ!」@青山ブックセンター
【3/30(土)】麻布競馬場×メン獄トークショー「令和の会社員人生を駆け抜けろ!」@青山ブックセンター
2/24(土)、25(日)、28(水)霜鳥まき子さん『似合う服だけ着ていたい』発売記念イベント開催のお知らせ
2/24(土)、25(日)、28(水)霜鳥まき子さん『似合う服だけ着ていたい』発売記念イベント開催のお知らせ
【先着100名】新刊『望月の烏』刊行記念! 阿部智里さんサイン会を紀伊國屋書店横浜店で開催
【先着100名】新刊『望月の烏』刊行記念! 阿部智里さんサイン会を紀伊國屋書店横浜店で開催
米国を代表する作家、スティーヴン・キングの特設サイト 文藝春秋デザイン部2025年新卒採用 文春文庫は50年を迎えました! 特設サイト 阿部智里「八咫烏シリーズ」特設サイト Bunshun Tech ZERO 2024エンジニア採用 文春文庫 50周年×「陰陽師0」「文春文庫 50th 時を超える名作フェア」 全国主要書店にて開催中!