作品紹介

読み継がれてはや一世紀近い漱石の名処女作。その比類なきユニークな作品世界を縦横無尽に探索した、ファン必読の傑作オマージュ

担当編集者より
「何事かに迷ったら、迷わず漱石作品を読む」とおっしゃる長山さん。とりわけ『吾輩は猫である』では、太平の逸民たちの一見とりとめのない駄弁と騒動の中に、生きるヒントが無数に隠されているそうです。内容に一切ムダがないから、「逐語解読に挑戦したいくらい」だそうですが、本書では「なるほど、そうだったのか」と膝を打つような面白謎解きばかりが収められています。不朽の名作の新たな「顔」に出会えます。(OT)
商品情報
書名(カナ) ワガハイハネコデアルノナゾ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 1998年10月20日
ISBN 978-4-16-660009-0
Cコード C0295

著者

長山 靖生

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る