作品紹介

枯渇神話、OPEC神話、メジャー神話……三つの神話はもはや虚妄でしかないことを検証しつつ、「天然ガス時代」の到来を予見する

担当編集者より
OPECは史上最強のカルテルだ、石油市場はメジャーに牛耳られている、石油は早晩枯渇してしまう……あなたはまだそう信じていませんか?石油が最も重要なエネルギーであるのは確かです。ことに石油を求めて太平洋戦争に突入し、二度の石油ショックを体験した日本人にとってはなおさらでしょう。でも、石油を巡る神話が現状認識を誤らせていることもまた事実。新たな石油危機を避けるために、是非読んでいただきたい本です。(UT)
商品情報
書名(カナ) セキユシンワ ジダイハテンネンガスヘ
ページ数 200ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2001年01月20日
ISBN 978-4-16-660152-3
Cコード C0260

著者

藤 和彦

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る