作品紹介

激動の世界を生きる日本人のための基礎教養

有事法制、自衛隊イラク派遣、北朝鮮の核・ミサイル、アメリカの軍事戦略など、いま日本が直面している「安全保障の論点」がわかる

担当編集者より
有事法制、イラク復興活動への自衛隊派遣問題、北朝鮮の核やミサイルの脅威など、いまの日本では安全保障に関する話題が新聞やテレビで取り上げられない日はありません。しかし戦後半世紀以上も平和に浸ってきた我々には、ニュースに出てくる言葉からしてチンプンカンプンというのが現状です。そこで『日本の論点』のスタッフが総力を挙げて、五十のテーマを易しく解説しました。二十一世紀の日本人にとって、軍事の知識は基礎教養です。(TD)
商品情報
書名(カナ) ジョウシキニホンノアンゼンホショウ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2003年11月20日
ISBN 978-4-16-660350-3
Cコード C0231

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る