作品紹介

「クローン人間」は本当に人類に必要なのか?

脳死、クローン、ES細胞。進化する科学技術は、人類をどこへ導くのか? 医学、哲学、宗教学など斯界の第一人者は何を語ったか

担当編集者より
いま生命の誕生と終わりの瞬間をめぐって、劇的な変化が訪れようとしています。20世紀末に突如、登場したクローン羊ドリーの存在は、その象徴でした。遺伝子診断、脳死、BSEなどの問題は、もはや「科学」の枠内だけでは考えられなくなっています。本書では、哲学者、宗教学者、医師、ジャーナリストなど12名との対話を通して、その問題点に迫ります。『絶対音感』『青いバラ』の著者による、5年間の取材の集大成。(SH)
商品情報
書名(カナ) セイメイカガクニコトバハアルカ イノチ
ページ数 296ページ
判型・造本・装丁 新書判 軽装
初版奥付日 2005年10月20日
ISBN 978-4-16-660474-6
Cコード 0247

著者

最相 葉月

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る