作品紹介

【増加が予想される「高齢ドライバー」事故。本人、家族、社会が出来ることとは?】

ブレーキとアクセルを踏み間違えて孫をひき殺した、高速道路に誤って侵入して逆走した、気を失って歩道に突っ込んだ……高齢ドライバーの事故が相次いでいます。
交通事故全体は減少していますが、高齢者による事故割合は増加の一途を辿り、対策は急務。今年3月には改正道路交通法も改正され、特に認知症検査が強化されました。
一方で、地方では公共交通機関が衰退し、車が無ければ生活ができない状況に陥っています。認知症患者を抱える家庭では、おじいちゃんが勝手に車に乗らないように鍵を隠す、などという涙ぐましいケースも出てきています。
しかし、問題はそう簡単ではありません。一番のネックは「年齢より個体差が大きい」こと。特に病歴や服薬の状況によって大きくリスクは変わってくるのです。
それでも希望はあります。たとえば……
・自動ブレーキ技術の導入で誤発進を防ぐ!
・免許返納者へプレゼントを送る自治体が増えている!(現在27万人、対象の2%)
・乗り合いタクシーなど輸送代替手段を整備する事例が増えている!
本書では、高齢ドライバーの「認知」「身体」の専門家からの寄稿に加え、地方問題や公共交通の専門家も参戦。この一冊で問題の核心が分かります!

担当編集者より
高齢ドライバー増加に伴い、2017年3月、改正道路交通法で認知機能検査が強化されました。しかし、免許証返納後の不便をどうするのか? 認知機能検査は効果があるのか? 自動運転はどこまで事故を減らせるのか? など未解決の問題は山積みです。それぞれの専門から長年研究してきた3人の研究者による論考は高齢ドライバー問題を理解する一助になることと思います。
目次
はじめに

第1部 社会問題としての高齢ドライバー 所 正文(立正大学教授)

1.わが国交通事故の概況
2.高齢ドライバー激増時代の到来
3.高齢ドライバーの運転能力
4.交通安全対策の枠組み(交通事故対策の基本原則)
5.わずか五十年で築かれた日本の車社会
6.自動車優先主義が定着してしまった日本の交通社会:欧州地方都市との比較を通して
7.高齢者講習をめぐる問題
8.免許自主返納へ向けての取り組み
9.超高齢時代の新社会観
10.今後への提言

第2部 認知機能と身体能力から見る高齢ドライバー

第1章 高齢ドライバーの認知機能
小長谷陽子(認知症介護研究・研修大府センター研究部長)

はじめに
1.運転に必要な身体と脳機能
2.認知症について
3.認知症の症状と特徴
4.認知症と運転

第2章 高齢ドライバーの身体能力と自動運転技術 伊藤安海(山梨大学准教授)

はじめに
1.高齢者の事故原因は何か:病気と事故の相関関係
2.運転技術はどのように衰えるか
3.身体の衰えをどのように補うか

引用・参考文献
商品情報
書名(カナ) コウレイドライバー
ページ数 232ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2018年02月20日
ISBN 978-4-16-661157-7
Cコード 0295

著者

所 正文

小長谷 陽子

伊藤 安海

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る