作品紹介

平成元年。消費税が施行され、衛星放送が始まり、日経平均株価は史上最高値をつけました。それから三十年、日本の「実力」はどれくらい変わったのか?
・一人あたりGDPは2位から25位に
・外国人流入数はOECD第4位
・こづかいは約7割ダウン
・「ものづくり」から「投資」で儲ける国へ
・女性の細さは世界第2位

その他、家電の世界シェア、医療費、ごみの量、体格、外国人の数、時間の使い方など、さまざまアングルで、平成の三十年間の推移を調査。平成日本人のありのままの姿を浮き彫りにします。
未来を見通すために、私たちが歩んできた30年を客観的に振り返ってみませんか。表やグラフなどのデータ類も豊富なので、ビジネスやレポート作成にも役立ちます。

商品情報
書名(カナ) ヘイセイノツウシンボ ヒャクロクノデータデミルサンジュウネン
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2019年03月20日
ISBN 978-4-16-661201-7
Cコード 0295

著者

吉野 太喜

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る