作品紹介

人の心を見透かしているようでもあり、まったくわかっていないようでもあり……。
猫の心を知るには、猫の脳を知るべし!
ベストセラー『ざんねんないきもの事典』シリーズ、『わけあって絶滅しました』の
監修者としても知られる動物学者の今泉忠明さんが、
解剖学、動物行動学の知見を駆使して、猫脳の謎に迫る。
かわいい写真、イラストも満載!


第1章 猫脳はこうなっている
・人と猫の脳はよく似ている!
・優れている短期記憶
・レム睡眠が多い理由 など

第2章 猫の感覚はこうなっている
・視覚…なぜ暗闇でもよく見えるのか
・聴覚…パラボラアンテナの耳で超音波を感知
・触覚…ヒゲ、肉球は驚異のセンサー など

第3章 猫脳が示す習性と行動
・猫は孤独なハンター
・母猫から教わる4つのルール など

第4章 猫の「ココロ」 その世界を覗くと…
・知能は2歳児より上?
・猫にあるのは喜怒「愛」楽
・瞬時に入れ替わる4つの気分 など

第5章 猫と人はどうしたらうまくやっていけるか
・人の言葉はわかっている?
・犬のようなしつけができない理由
・猫が気まぐれにもワケがある など

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

商品情報
書名(カナ) ネコノウガワカル
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2019年09月20日
ISBN 978-4-16-661232-1
Cコード 0295

著者

今泉 忠明

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る