作品紹介

史上最長政権の内部で何が起きていたのか?
安倍、菅、岸田、甘利、石破など政権キーパーソン54人への徹底インタビューが明かす内幕!

 アベノミクス、選挙での圧勝、戦後70年談話、さまざまなスキャンダル、憲法改正をめぐる騒動、TPP……。7年8カ月という例をみない長期政権の評価は、いまも定まっていない。この間、日本の政治をとりまく見方は「反安倍」か、さもなくば「親安倍」かに二分された。
 では、この第2次安倍政権は、結局、何をやろうとし、何を残したのか? 『新型コロナ対応民間臨時調査会』『福島原発事故10年検証委員会』など、話題を集めるレポートを次々発表しているアジア・パシフィック・イニシアティブが、政権当事者に対する徹底インタビューを軸として、その政権の内幕に迫る。

【執筆者】
[アベノミクス]上川 龍之進 大阪大学大学院 法学研究科 教授
『日本銀行と政治―金融政策決定の軌跡』中公新書 (2014)

[選挙・世論対策] 境家 史郎 東京大学 法学政治学研究科 教授
『憲法と世論』筑摩書房(2017)

[官邸主導]中北 浩爾
『自民党 ―「一強」の実像―』中公新書(2017年)

[外交・安全保障] 神保 謙 慶應義塾大
学総合政策学部教授
『民主党政権失敗の検証:日本政治は何を活かすか』中公新書 (共著、2013)

[TPP・通商]寺田 貴 同志社大学 法学部 教授
『東アジアとアジア太平洋』東京大学出版会 (2013)

[歴史問題] 熊谷 奈緒子 青山学院大学地球共生学部教授
『慰安婦問題』ちくま新書 (2014 )

[与党統制]竹中 治堅 (たけなか はるかた) 政策研究大学院大学 教授
『コロナ危機政治―安倍政権 V.S 知事』中公新書(2020)

[女性政策]辻 由希 東海大学 政治経済学部 政治学科 教授
『家族主義福祉レジームの再編とジェンダー政治』ミネルヴァ書房( 2012)

[憲法改正]マッケルウェイン・ケネス・盛 東京大学 社会科学研究所 教授
『政党政治の混迷と政権交代』東京大学出版会 (共著、2009)

担当編集者より
保守の看板を掲げつつ、女性活躍や歴史問題にも取り組み、消費増税も行った安倍政権。その内部で、いかに政策が決定されていったのか? 政権当事者に徹底ヒアリングを行い、7年8カ月のあゆみをつぶさに検証。これからの日本政治を占う意味でも、欠かせない一冊です。
商品情報
書名(カナ) ケンショウ アベセイケン ホシュトリアリズムノセイジ
ページ数 408ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2022年01月20日
ISBN 978-4-16-661346-5
Cコード 0231

著者

アジア・パシフィック・イニシアティブ

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る