作品紹介

 情報がかけめぐる現代にあって大事なのは、歴史の縦軸・横軸にそって物事を大局的に見ることだろう。
 その稀有なる視点を有するのが藤原正彦氏である。
 著者は『文藝春秋』誌上の「巻頭随筆」において、、時機に則した軽妙でありながらも本質を鋭くえぐるエッセイを発表してきた。また、時には同誌で骨太な論考を寄せた。対国政、対コロナウイルス、対中国、対韓国についてなどである。
 著者に一貫して通底しているのは、「教養」と「品格」と「ユーモア」ということになろう。その言葉は、いかにも日本人の肺腑にズシンと響く。270万部売れた『国家の品格』のエッセンスは不滅なのである。
 それらを一冊にまとめて、通読できる贅沢な体験ができるのがこの作品ということになる。

目次
はじめに

【第一章】ニッポン再生
     AIは死なない
     日本の通信簿  
     一杯一杯
     レッテルのぐらつき
     模倣という独創
     虹とチャンバラ
     不思議な糸に導かれ
     愛とディスタンス
     
【第二章】「英語教育」が国を滅ぼす

【第三章】論理と情緒
     そして何より言葉
     読書と山とクラシック
     ヨーロッパの轍
     蛍の灯
     一盛一衰
     哀しい子守唄
     持統天皇に背いた私
     面子と忖度
     英国紳士の嗜

【第四章】隣国とのつきあい方
     嘘つき文化
     楼蘭の美女
     内モンゴルが危ない
     いまこそ内政干渉を
     民主主義という幻想
     ファンレターへの回答
     知られざる国父
【第五章】日韓断絶 問われるべき「国家の品格」

【第六章】コロナ後の世界 
     どちらが怖い
     格言あれこれ
     だまされる数学者
     揉み手して

【第七章】日本人の品格だけが日本を守る
     
【第八章】家族の肖像
     父の足跡をたどって
     記憶の余得
     目覚めた美声
     線路は続くよ
     隣人への想い
     パンドラの箱
     生意気な小僧だよ
     
【第九章】父・新田次郎と母・藤原てい

おわりに ウクライナそして父の手拭い




 

 
商品情報
書名(カナ) ニホンジンノシンカ
ページ数 280ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2022年07月20日
ISBN 978-4-16-661369-4
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

映画・テレビ化情報一覧を見る