作品紹介

「日本共産党が党首公選を実施すれば日本の政治がマシになる」

日本の主要政党で党首公選が行われていないのは、共産党と公明党のみである。

約半世紀にわたり、共産党員として活動し、
政策委員会で安保外交部長を務めたこともある著者が、
なぜ、党員による投票が可能な党首公選制を訴え、自ら立候補を宣言するのか?
そして、持論である安保・防衛政策についての転換を公約に掲げる理由とは。


【目次】
第一章 なぜ党員投票による党首選挙を求めるのか

1 政策その他で重要な違いがある
2 党首公選が共産党にとって必要な理由
3 党首公選が党の自己改革を促していく

第二章 私には立候補する資格がある

1 共産党内の異論の存在を私は体現している
2 実践を通じて共産党と私の溝は埋まった⁉
3 安保・自衛隊問題で論争のないことが混迷を生んでいる

第三章 野党共闘を魅力化する安保・防衛政策へ

1 「核抑止抜きの専守防衛」を共産党の基本政策とする
2 野党共闘を魅力あるものとするために
3 台湾有事に日本はどう臨むべきか
4 政党と個人・市民団体のアプローチは異なる

第四章 国民との接点を広げるための三つの問題

1 「人間の顔をした資本主義」を提唱する
2 「左側の自民党」をめざすべきだ
3 共産主義とは何かから日本共産党の名前を考える

終章 共産党の安保・自衛隊・憲法論を深掘りする

1 私の提案は綱領と大会決議の枠内である
2 私の提案は綱領の帝国主義規定の延長線上にある
3 「自衛隊=対米従属軍隊」論をめぐって
4 共産主義の理想は非軍事だが政策は自衛である
5 自衛隊をめぐる憲法問題をどう乗り越えるか

目次
第一章 なぜ党員投票による党首選挙を求めるのか

1 政策その他で重要な違いがある
(1)中国をどう評価するのかという問題で
(2)北朝鮮不審船問題では真っ二つに分かれる
(3) 「日銀の独立性」確保のための法改正をめぐって
(4)自由貿易協定をどう考えるのか
(5)児童ポルノ規制をめぐる党本部内での対立

2 党首公選が共産党にとって必要な理由
(1)他党が実施し、国民的な常識になっているから
(2)党員の個性が尊重され、国民には親しみが生まれる
(3)党員の権利を大切にするために

3 党首公選が党の自己改革を促していく
(1)自己改革なしに党首公選は成功しない
(2)政策的な違いがあることを前提とした運営を行う
(3)理想の社会は理想の組織運営が生み出す

第二章 私には立候補する資格がある

1 共産党内の異論の存在を私は体現している
2 実践を通じて共産党と私の溝は埋まった⁉
3 安保・自衛隊問題で論争のないことが混迷を生んでいる

第三章 野党共闘を魅力化する安保・防衛政策へ

1 「核抑止抜きの専守防衛」を共産党の基本政策とする
(1) 「核抑止抜きの専守防衛」とはどんな政策か
(2)核抑止力からの脱却は独立と主権の中心問題
(3)北東アジア非核地帯とセットで

2 野党共闘を魅力あるものとするために
(1)野党が議論し合える「共通の土俵」ができる
(2)辺野古への新基地建設阻止の道筋が提起できる

3 台湾有事に日本はどう臨むべきか

4 政党と個人・市民団体のアプローチは異なる
(1)政党は信念の異なる国民全体のために働く
(2)政党がスッキリとした自衛隊違憲論をとれるケースは一つだけ

第四章 国民との接点を広げるための三つの問題

1 「人間の顔をした資本主義」を提唱する
2 「左側の自民党」をめざすべきだ
3 共産主義とは何かから日本共産党の名前を考える

終章 共産党の安保・自衛隊・憲法論を深掘りする

1 私の提案は綱領と大会決議の枠内である
2 私の提案は綱領の帝国主義規定の延長線上にある
3 「自衛隊=対米従属軍隊」論をめぐって
4 共産主義の理想は非軍事だが政策は自衛である
5 自衛隊をめぐる憲法問題をどう乗り越えるか

おわりに
商品情報
書名(カナ) シンニホンキョウサントウセンゲン ヒラトウインガトウシュコウセンヲモトメリッコウホスルリユウ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2023年01月20日
ISBN 978-4-16-661396-0
Cコード 0295

著者

松竹 伸幸

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る