作品紹介

日本料理界の麒麟児といわれた徳島の名店「青柳」の主人が、「ご飯」「水」「野菜」「出汁」など、知る限りの真髄を明かした

担当編集者より
たとえば「百年玉子」。ピータンを細かく刻み、おろしたての醤油と、上等の吟醸酒をちょっと落とし、つなぎにすりつぶした百合根をまぜて、小さく丸めたもの——。日本料理界でいま話題の人、「虎ノ門・青柳」のご主人・小山裕久氏の献立の一つです。氏は、フランスで日本料理フェアを開くかと思えば、中国に西太后の後宮料理を探しに行くなど、料理の探求に寝食を忘れるほど。そんな日々に、見て感じて考え、食べたことを綴った書下ろしです。食事時の話題になるエピソードが満載。(SO)
商品情報
書名(カナ) ミギテニホウチョウヒダリテニショウユ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2001年07月10日
ISBN 978-4-16-766022-2
Cコード 0195

著者

小山 裕久

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る