作品紹介

甲子園には魔物が棲む――。応援には魔曲がある!
高校野球が100倍面白くなる、世界初の甲子園「ブラバン応援」研究本!
夏の甲子園100回大会にあわせ、新ネタ大増量で文庫化しました!

吹奏楽名門校出身の著者が、高校球児と吹奏楽少女の恋を描く少女マンガ『青空エール』(河原和音作)監修をつとめるうち、すっかり応援マニアに。
完全ブラバン目線で名門高校の顧問の先生やOBに直接取材を重ねた、トリビア満載&マニア垂涎の一冊です。あなたも実況中継を爆音で聴きたくなる!

〈目次より〉
■序章 わたしがブラバン応援にハマった理由

■第1章 有名校オリジナル応援秘話
日本中が知るあの曲はオリジナルだった!「ファンファーレ」「ワッショイ!」/天理
なぜか「怪物マーチ」に?「チャンス紅陵」/拓大紅陵
打線爆発する魔曲「ジョックロック」 智辯和歌山「一番」「三番」/智辯学園
踊りがキレッキレ!「浦学サンバ」/浦和学院
縦縞ユニホームで熱奏!「東海マーチ」「燃えろ東海」/東海大甲府
相手チームを不安にする!? 「怪しい曲」/龍谷大平安
もはや市歌!「Let’s Go! ならしの」/習志野
「ガッツ」はツガ先生作曲だった!/春日部共栄
新曲続出!「You are スラッガー」「アルプス・キダ・タロー」/大阪桐蔭
伝説の延長戦では唇が切れた!「ウイニング」「ヴィクトリー」/PL学園
美空ひばりにザ・ピーナッツ。キレがある昭和歌謡応援/駒大苫小牧
N響奏者が作曲!「Come on!!」/日大三高
冴えわたる鉄琴とスーザ回し!「RUN and GO」/前橋育英

■第2章 ブラバン甲子園の謎
ディスコから吹奏楽曲、人気No.1応援曲へ。「アフリカン・シンフォニー」の数奇な運命
「フグ」「京浜東北」「サカマ」……なぜ勝手に曲名が変わるのか?
甲子園で指揮を振る超有名人〝丸ちゃん〟とは
ロッテ応援団も驚く、東邦高校のロッテ尽くし
明徳義塾の超ハイトーン・トランペッター「アニキ」
指笛特訓! 沖縄代表校の応援はいつも市立尼崎高校
〝いかつい野郎〟率の高い関東一高アルプス
あのPLが脅威を感じた、横浜高校応援団
〝吹奏楽ポップスの父〟岩井直溥が作曲した幻の応援曲
「あまちゃん」か「アナ雪」か。定番として生き残る曲とは
洋楽でコール&レスポンス! 甲子園がどよめいた近江の新応援とは
エビ! カニ! 子どもが踊る國學院栃木の「エビカニクス」
郷土愛! 青森山田「ねぶた節」、長崎創成館「でんでらりゅうば」
新潮流「アゲアゲホイホイ」「戦闘開始」「ダイナミック琉球」
アイドル「エビ中」とコラボした「明桜サバイバー」
自校は燃え、相手校は震える!吹奏楽部顧問が選ぶ「ベスト応援」 ほか

■第3章 大研究 高校野球のブラバン応援はいつ始まった?
第一回は陸軍の楽隊がいた/早稲田「コンバットマーチ」の作曲者に会った/対抗して慶應も「ダッシュKEIO」作曲 ほか

■第4章 習志野VS拓大紅陵 顧問対談「野球応援は百利あって一害なし!」

■第5章 ブラバン応援愛が止まらない!
夢のアルプススタンド応援デビュー/紅白歌合戦の会場で開催!「ブラバン!甲子園ライブ」 ほか

担当編集者より
世界初の「ブラバン応援研究本」を、文庫化で新ネタ大増量いたしました!中高を吹奏楽の強豪校で過ごした著者は漫画&映画『青空エール』の監修をつとめるうち、ブラバン応援にどはまり。ツイッター「#ブラバン甲子園」で応援だけの実況解説をくりひろげ、天理、智辯和歌山、習志野、大阪桐蔭、PL学園、駒大苫小牧など、名門校に直撃取材!
♪「アフリカン・シンフォニー」人気の理由
♪逆転の魔曲「ジョックロック」とは
♪日本一有名な応援曲は天理高校オリジナルだった!
♪新潮流「アゲアゲホイホイ」がきた!
などなど、数々の秘話を集めました!観戦のおともにぜひ。(担当W)
商品情報
書名(カナ) コウコウヤキュウヲヒャクバイタノシム ブラバンコウシエンダイケンキュウ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2018年07月10日
ISBN 978-4-16-791111-9
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る