作品紹介

鬼九郎〟シリーズ第4弾、堂々完結!

背中一面を覆う愛染明王の刺青。柳生新陰流を基に長くしなる剣を自在に操る、美貌の剣士・舫鬼九郎。天皇を父に、将軍の妹を母に、そして現天皇は双子の妹という、高貴な出自でありながら、内裏と幕府の政争の具となり実父から命を狙われ続ける運命を背負ってしまった。柳生十兵衛、荒木又右衛門、徳川家光、大僧正天海、沢庵和尚……。大江戸オールスターズの大激闘が絢爛豪華に開幕!

解説・西上心太

商品情報
書名(カナ) オニクロウコゲツケン モヤイオニクロウ ヨン
ページ数 688ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2018年08月10日
ISBN 978-4-16-791124-9
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る