作品紹介

十三歳にして剣術に優れ、研ぎ仕事の腕も上げた駿太郎。
父・小籐次の願いを受けてアサリ河岸の桃井道場に入門し、年少組で稽古に励む。
一方、肥前タイ捨流の修行者に勝負を挑まれた小籐次は、
来島水軍流の一手を鋭く繰り出し堀に沈めてみせる。

ついに完成した、おりょうの「鼠草紙」を披露するため
招かれた江戸城の花見では、今度は大奥上臈との酒合戦に引っ張り出される
小籐次。大酒に酔った小籐次を待ち受けていた者とは―ー

〈累計800万部の大人気シリーズ〉 書き下ろし新作 第16弾!

担当編集者より
息子を想い、妻を想う小籐次の大きな優しさにはいつも胸が温かくなりますが、今回は、いつもうるさくつきまとう読売屋・空蔵の窮地をも粋な計らいで救ってくれます。来島水軍流の剣をふるうシーンも最高にかっこいいです!
商品情報
書名(カナ) サケガッセン シン ヨイドレコトウジ ジュウロク
ページ数 336ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2020年02月10日
ISBN 978-4-16-791434-9
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る