作品紹介

関西人の機知と哀愁がつまった
傑作短編集

大阪に生まれ、大阪で生き続ける大人たち、若者たち、子供らの
人生を活写した、八つの風景です。

「あの橋のむこう」:38歳のデザイナー。東京の生き馬の目を抜く世界でサバイブしているが、クリスマス前に故郷の大阪に戻る。悲惨な家庭を共に生き抜いた妹に会うために。
「さよならホームラン」:父の再婚により、「あたし」には弟ができた! 全く興味のなかった野球を、弟を応援するために、毎週観に行くようになる。
「婚活バーベキュー」:職場の後輩は育児中。残業をしない彼女の仕事の肩代わりをする「私」も、実は焦っている。お見合いバーベキューに行くが、よいと思える男性はおらず、「バーベキュー奉行」に徹することにした。
「ポロロッカ」:妻の流産で心のはなれかけた夫婦。二人で過ごす週末から逃れ、夫は淀川沿いのハイキングに出掛ける。
「趣味は映画」:親の仕事の都合で、東京の高校から大阪の高校に編入した「俺」。「趣味は映画」などと自己紹介したのが運のツキ、同級生女子の映画自主制作に巻き込まれる。
「黒い犬」:子供のできない若い夫婦は犬を飼い始めるが。
「自由の代償」:スーパーで激安食品を買い込む中年男性。実は個人投資家で、投資のみでつましく暮らしている。組織に勤めるのが大嫌いなのだ。
「ザリガニ釣りの少年」:母と二人で貧しく暮らすと噂される小学生・須野木。クラスの男子らにランドセルを蹴られても怒らず、放課後はひとりでザリガニ釣りを楽しんでいる。

解説・北上次郎

担当編集者より
 「お嬢様探偵ありす」シリーズ、「怪盗ファントム&ダークネス」シリーズなど、児童文学の世界で活躍してきた藤野恵美さん。近年は大人むけの小説も精力的に執筆されています。この短編集もその一冊で、八編すべて、舞台は大阪の淀川べり。虐待家庭を生き延びた姉妹、親のふたたびの離婚をひかえる中学生、東京から転校してきた高校生、ペットを亡くした女性、個人投資家、貧しくても自分の世界を持つ小学生――大阪に生きる人々の悩み、痛みを大阪生まれの作者は愛おしく描き出します。あらたな「大阪作家」の誕生です。
目次
あの橋のむこう
さよならホームラン
婚活バーベキュー
ポロロッカ
趣味は映画
黒い犬
自由の代償
ザリガニ釣りの少年
商品情報
書名(カナ) ヨドガワハッケイ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2022年12月10日
ISBN 978-4-16-791977-1
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る