作品紹介

「見て、聞いて、記録する。それが私の任務だった。」

2016年7月8日。南スーダンの首都、ジュバで激しい衝突が起きた。
国連の平和維持活動(PKO)が行われているさなかだった。
自衛隊PKO活動の今後のために教訓となるデータを収集する、
という任務を担っていた著者は、個人ノートに克明な記録をとり始める。
その後、市ヶ谷では戦闘があったという事実を隠ぺいする「日報問題」が起こり、
2017年、陸上自衛隊は南スーダンから撤退。防衛相は辞任した。
あの時、ジュバで、何があったのか?
自衛隊は、なぜ、何のために、そこにいたのか?
祖国を遠く離れ、危険と隣り合わせながら人知れず奮闘努力した全派遣隊員の心情を代弁する覚悟の手記。

著者

小山 修一

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る