作品紹介

持統天皇、北条政子、日野富子、淀殿……もしこの人がいなかったら歴史はどうなっていただろう?と思われる「こじらせ女子」大集合!

「悪女」「猛女」と言われたスゴイ女たちの実像に迫り、そのドラマティックな人生を解説。
高校の国語教師としての視点を入れ、和歌を読み解きながら、定説を覆す”ぶっちゃけ史観”もバシバシと!

嫉妬深すぎて夫婦関係をこじらせた后--磐之媛/同母兄と心中——軽大娘/バツグンの政治感覚を持った初の民間后——光明皇后/まるで孫悟空のような強い女帝——孝謙天皇/日本版「張禧嬪」(チャン・ヒビン)——藤原薬子/紀貫之も”萌え”た永遠のアイドルーー小野小町/平安時代の大恋愛スキャンダルーー伊勢斎宮恬子内親王/道長王国から追い出された姉妹—藤原元子・延子/若かりし頃の恋愛はこじらせOK——紫式部の娘・賢子/マイ・フェア・レディ&源氏物語を地を行く姫——待賢門院璋子/権力者の「昔の女」——丹後内侍/映画「ゴッドファーザー」のマイケルのようなゴッドマザーーー北条政子/悪女説は濡れ衣なのか―—日野富子/豊臣家をこじらせて―—淀殿/町娘のシンデレラストーリーーー桂昌院/恋がリアル「炎上」——八百屋お七/大奥でキャリこじらせ物語——絵島/許婚が次々と亡くなっていく縁起の悪い姫君——竹姫/血筋のよい武家に生まれた幕末プリンセス—茂姫・溶姫

<担当編集者から一言>
藤原薬子の項に、
「私の想像を支えているのは、あの春の夕暮れのどこか怖い記憶なのかもしれません」

古の時代、帝にその存在を忘れ去られて池に身を投げて死んだ采女の話を踏まえて書かれた一文です。
このエピソードから、歴史のなかで埋もれていくひとつひとつに向き合うことによって、現在とは世の中の仕組みもものの考え方も違う、歴史の中に生きた人たちを通して、いまを生きる女性の立場も改めて考えさせられるのです。本作で読み解かれていく「こじらせ女子」の人生に、篠さんの作家としての洞察力、歴史観があふれています。まるで心の中にふわっと、寺院の奥で1本のろうそくが灯るようなエピソードがぎゅっと詰まった作品です。

担当編集者より
藤原薬子の項に、

「私の想像を支えているのは、あの春の夕暮れのどこか怖い記憶なのかもしれません」

古の時代、帝にその存在を忘れ去られて池に身を投げて死んだ采女の話を踏まえて書かれた一文です。

このエピソードから、歴史のなかで埋もれていくひとつひとつに向き合うことによって、現在とは世の中の仕組みもものの考え方も違う、歴史の中に生きた人たちを通して、いまを生きる女性の立場も改めて考えさせられるのです。

本作で読み解かれていく「こじらせ女子」の人生に、篠さんの作家としての洞察力、歴史観があふれています。
心の中にふわっと、まるで寺院の奥で1本のろうそくが灯るような歴史エピソードがぎゅっと詰まった歴史読み物です。
目次
まえがき
<古代編>
磐之媛 嫉妬深き皇后
軽大娘 古代日本のジュリエット
持統天皇 朕はアマテラスなり
光明皇后 滅罪を乞う藤三娘 
孝謙天皇 お釈迦様の掌の上 
酒人内親王 幻の女帝  
藤原薬子 許されざる男女の愛と罪

<王朝編>
橘嘉智子 美貌の皇后の挑戦状 
小野小町 美女をこじらせて
藤原淑子と高子 デキすぎ女性官僚とスキャンダラスな后候補
恬子内親王 子孫に迷惑をかけた恋
藤原安子 後宮の女王の矜持 
藤原元子と延子 道長王国を追われた姉妹  
大弐三位 紫式部の娘の賢いライフ計画

中世編
待賢門院 マイ・フェア・璋子 
美福門院 九尾の狐のモデル
丹後内侍 頼朝の昔の女
北条政子 鎌倉のゴッドマザー 
承明門院 元祖悪役令嬢 
西園寺禧子と阿野廉子 光と闇のヒロインたち 
日野富子 日野家盛衰物語

<戦国・江戸編>
築山殿と亀姫 天井にはご用心
淀殿 桜と黒百合の狭間
桂昌院 玉の輿を予言され
八百屋お七 私がやりました
絵島 大奥のキャリアこじらせ物語
竹姫 縁談をこじらせて
茂姫と溶姫 義母と娘の幕末狂詩曲 

あとがき

著者

篠 綾子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る