作品紹介

八百屋お七と出会ったおりん。おりんの心に恋の炎が燃え上がる

叔父の善次郎が神田で古着屋「更紗屋」を始めることになり、希望に胸を膨らませるおりん。ところが、思いがけない災難が振りかかる。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
シリーズも4作目となり、ますますおりんを取り囲む世界が広がっています。いちばん気になるのは、おりんの恋の行方です。蓮次と末続、どちらの男性を選ぶのか。蓮次派の私は、身分違いの恋の障害を越えて添い遂げてほしいと思いながらも、みなしごだった末続が小さいころから恋い慕うおりんと純愛を結実させる、というのもアリなのかも……と胸をドキドキさせながら読ませてくれる今作です。
目次
一話 天和の大火
二話 雛形お七
三話 山吹千両
四話 業火の振袖

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る