電子書籍
電子書籍

北関東「移民」アンダーグラウンドベトナム人不法滞在者たちの青春と犯罪

安田峰俊

  • 価格:※各書店サイトで確認してください
  • 発売日:2023年02月06日
  • ジャンル:ノンフィクション

作品紹介

 北関東というのは独特の匂いのする地域である。
 大宅賞作家・安田峰俊の最新作は、その北関東に地下茎のごとく張り巡らされた、「移民」たちのネットワークのルポだ。
 移民に「」がつくのは、日本には制度上、移民はいないから。しかし、悪名高い、技能実習生制度のもと、ベトナム人だけでも実習生は20万人近く。その一部は低賃金や劣悪な環境に嫌気がさして逃亡、不法滞在者の「移民」として日本のアンダーグラウンドを形成している。彼らは自国の経済が発展し、出稼ぎに出なくても食えるようになると、日本になど来なくなる。そのため、アンダーグラウンドの主役はどんどん変わる。かつて中国人が主役だったアンダーグラウンドを、今、占拠しているのは、無軌道なベトナム人の若者たちなのだ。
 ベトナム人によるアンダーグラウンド社会が日本人に知られたのは、群馬県で起きた「豚窃盗事件」。養豚場から盗まれた豚は、彼らのアパートで解体され、彼らのネットワークの中だけで処理されたため、警察の捜査は難航した。このように、アンダーグラウンドで完結する犯罪は表に出にくいのである。桃などの果物も、かなり派手に盗まれているが、犯人はなかなか逮捕されない。
 本作では、筆者と通訳の「チーくん」(彼は日本育ちのベトナム難民の2世だ)が、まるでホームズとワトソンのように、「移民」による事件現場を訪ね歩く。血なまぐさい殺人現場、タトゥーだらけのしたたかな不法滞在者たち、常にただよう薬物とバクチと女のニオイ。あちこち探り歩いて、ついに北関東ベトナム人アンダーグラウンドのボス、「群馬の兄貴」にたどり着く。スキンヘッドに気合の入った刺青、見るからに恐ろしい「群馬の兄貴」が犯した真の罪とは……。
 豚の窃盗から、誘拐、殺人と、あらゆる犯罪現場に、ベトナム人の好物である雷魚とアヒル、そしてビールを手土産に走り回る2人。
 恐ろしくて面白い、アンダーグラウンドレポート!


担当編集者より
北関東のあちこちで子豚や果物が大量に盗まれたというニュースは耳にしてたが、犯人がなかなか捕まらないのを不思議に思っていた。本書を読んで、そのからくりがわかった。ベトナム人だけで完結するアンダーグラウンド社会が北関東には存在するのだ。ネットにはベトナム語のページがあり、そこに「子豚入りました!」といった情報が流れる。日本人の古売屋が関係しない窃盗は、警察にとって厄介な案件なのだろう。そういった現場に、時にはホームズとワトソンのように、時には弥次さん喜多さんのように突撃を繰り返す筆者と通訳・チー君の凸凹コンビも絶妙。ラスボスのように登場する「群馬のアニキ」の口から語られる、本当にヤバイ犯罪とは……。恐ろしいけど面白い、突撃ルポの大傑作。

著者

安田 峰俊

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る