作品紹介

ガッツポーズは武士道に反する!?

剣道七段、薙刀五段の著者は武道を通してこそ武士道がわかると語る。日々の仕事、ストレスマネジメント、勝負論に武士道を生かす。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
NZに生まれたベネットさんは高校生のときに交換留学で来日、武道に出会います。今や剣道七段、なぎなた五段の腕前を持つ一方、京都大学大学院を修了、関西大学で教鞭をとる武道研究家でもあります。というとコワモテの外国人を想像されるかもしれませんが、いつも笑顔で謙虚、ユーモアたっぷりです。武道を極めることで武士道の本質が見えてくるというベネットさん。武士道を日常生活に生かすことでストレスもなくなったそうです。なぜ武道の観点からは勝利のガッツポーズはダメなのか? その理由は「残心」にありました。(TI)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る