電子書籍

火山で読み解く古事記の謎

価格:※各書店サイトで確認してください
発売日2017年03月17日
ジャンルノンフィクション

なぜ火山地帯から天皇の物語は始まるのか

7300年前、日本列島を襲った巨大カルデラ噴火を
縄文人が記憶していたのだとしたら――
地質学データ、文献、足で集めた情報をもとに
古事記神話の謎に挑戦する意欲作!
日本列島の原風景、日本人の意識の「古層」を探る旅。

第一章 アマテラスと縄文時代の巨大噴火
第二章 出雲――八雲立つ火山の王国
第三章 縄文時代に出現した天孫降臨の山
第四章 女神イザナミ――黄泉の国は火山の国か
第五章 熊野――謎の巨大カルデラの記憶
第六章 大地を鎮める王――永遠に遍歴するヤマトタケル
終章 日本列島における火山の記憶

担当編集者より

巨大な火山噴火に遭遇した縄文時代の人々の驚きや畏怖の感情が、古事記神話に痕跡を残しているのだとしたら――。こうした仮説をもとに、著者は7300万年前の鬼界カルデラ噴火の跡を残す九州南端の薩摩硫黄島へ。あるいは、4000年前の島根県三瓶山噴火で埋もれた縄文杉の巨木を見に、そして天孫降臨の山とされる高千穂峰へと旅に出ます。そこで見た風景は、「稲穂の国」のイメージとはほど遠い荒涼とした大地、険しい山でした。古事記神話の主な舞台として登場する南九州南部、出雲、熊野は、太古の昔、いずれも火山地帯だったのです。果たしてこれは何を意味するのか。記者生活約20年のベテランが地道な調査を重ねて得た結論は、日本列島に暮らす人であれば、誰もが腑に落ちるものではないでしょうか。はるか昔の日本と日本人に出会う旅をお楽しみください。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、こちらから各部門にお送りください。

メディア関係者・図書館の皆様

表紙画像のダウンロード

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

購入する

※外部サイトに飛びます

閉じる
ネット書店で購入
電子書籍

火山で読み解く古事記の謎

価格:※各書店サイトで確認してください
発売日2017年03月17日
ジャンルノンフィクション
ネット書店で購入

Rankingランキング

全て見る

Eventイベント

最新イベント

一覧を見る
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
阿部智里「八咫烏シリーズ」特設サイト Bunshun Tech ZERO 2024エンジニア採用 文春文庫は50年を迎えました! 特設サイト 東野圭吾「ガリレオシリーズ」公式サイト 米国を代表する作家、スティーヴン・キングの特設サイト 佐伯泰英特設サイト