作品紹介

わずか半日の戦争が、日本の近代史を変えた!

今年は明治維新から150年。ということは江戸城の無血開城から150年。
すなわち、1868年の旧暦5月15日、江戸で行われた最初で最後の戦争、彰義隊の戦い(上野戦争)から150年ということなのです。

「勝海舟と西郷隆盛の頂上会談により江戸城総攻撃が回避された」
明治維新といえば巷間、そう伝えられています。しかし実際は江戸城が炎上しても不思議ではありませんでした。
くすぶる幕臣の不満、深まる新政府と幕府側の対立、勝海舟と息づまる西郷の駆け引き……。

幕臣の不満分子が、それぞれの思惑を抱きつつ彰義隊を結成。
江戸っ子も彼らを支持しました。
そして東京・上野の寛永寺で、彰義隊と新政府が激突。戦場はじつに悲惨なものでした。

わずか半日で勝負はつきましたが、ここで新政府が武力を見せつけたことで、徳川家の静岡移封が実現するなど、その影響は多大なものでした。

慶喜が大阪から逃げ返ったときから始まり、敗れた隊士の後半生までを、資料や同時代を生きた渋沢栄一や高村光雲などの目を通して、生き生きと描きます。

担当編集者より
書籍の中に掲載する彰義隊のお墓を撮影させていただくため上野公園に行きました。
もっとも激しい戦いが繰り広げられた黒門のあった場所に立つと、江戸時代からにぎやかだったという上野広小路は目の前。こんな場所で戦争が行われていたとは。
江戸で起きた最初で最後の戦争が、日本の歴史に、どのような影響を与えたのか。これまでは軽視されがちだった彰義隊の戦いを、著者が丹念に追いました。
目次
【目次】
1章.徳川慶喜、江戸に逃げ帰る~戊辰戦争のはじまり
朝敵に転落した徳川家/慶喜、寛永寺に入る
2章.彰義隊結成~徳川家代表勝海舟の登場
一枚岩ではなかった幕臣たち/彰義隊誕生/開戦迫る江戸
3章.薄氷の江戸城無血開城~新政府軍参謀西郷隆盛の苦衷
彰義隊、寛永寺へ/徳川家陸軍将兵の大脱走はじまる/江戸開城と彰義隊の分裂
4章.江戸で孤立する新政府~彰義隊人気の高まり
彰義隊人気の背景/江戸城返還を求める徳川家/西郷に向けられる不満/江戸城返還せず
5章.彰義隊壊滅~峠を越えた戊辰戦争
戦争迫る/寛永寺炎上/敗残兵の行方/徳川家、駿河移封
6章.明治を生きた彰義隊士~上野公園の西郷銅像
維新後の彰義隊士/上野公園の誕生と西郷銅像の建設/彰義隊の鎮魂

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る