作品紹介

現金が消えると、どのような社会になるのか!?
「キャッシュレス国家」中国の実態を、北京在住の日本人経済学者が徹底分析!

いま日本では国をあげてキャッシュレス化を推進しているが、そのはるか先を行くのが中国だ。スマホの決済(支払い)アプリが広くいきわたり、いまや電子マネーで払えない場所はほとんどない。買い物はもちろん、お年玉もご祝儀もキャッシュレス!

こうした経済システムは中国で「新経済」と呼ばれている。
本書では、いま中国で続々と誕生している新ビジネスを紹介。カーシェアリングやシェア自転車といった有名なものにはじまり、料理や食材のデリバリー、無人カラオケ、小型フィットネスジム、さらには病院の受付、支払いまでスマホひとつで済んでしまう中国の今が分かる。

では、なぜ中国で「新経済」が発展してたのか。
その背景にはイノベーションによる経済成長を目指す中国政府の後押しがあったことを、データを駆使して示す。また山積する社会問題にこそビジネスチャンスがあり、そこでイノベーションが起こっているという中国の実情を、生活者の視点で詳細に解説する。

そして今、「新経済」はビジネスの枠を超えて、中国政府の社会統治(ガバナンス)に活用されようとしている。キャッシュレス経済とは個人情報を利便性と交換するシステムだ。だからプラットフォームには必然的に個人情報が集まる。個人の信用情報を用いた壮大な社会実験に取り組む中国の現状を考察する。

最後に指摘するのが新経済の「影」だ。中国では新しいビジネスが数多く誕生しているが、成功ばかりでなく、失敗するケースも少なくない。そうした現実を指摘した上で、日本が「中国新経済」と、どのような協力関係を結べるのかを考察する。

担当編集者より
いままで当然のように現金で支払っていましたが、これがと電子マネーになれば生活はどう変わるのでしょうか。
経済学者であり、北京の生活者でもある著者は、マクロなデータだけではなく、実際の体験をもとに、中国キャッシュレス生活を教えてくれます。
そこで見えてくるのは、現金の「コスト」とキャッシュレス社会の別の顔。日本の未来を考える上で大きなヒントになる一冊です。
目次
第1章 「中国新経済」の二大プラットフォーマー

1 決済を制する者が、「中国新経済」を制す
2 スマホの登場が勢力図を変えた

第2章 これが「中国新経済」のエコシステムだ
1 「買う」――ネットからリアル店舗へ急拡大
2 「食べる」――拡大するデリバリー・サービス
3 「移動する」――新サービスの誕生で快適に
4 「遊ぶ」――広がる余暇の過ごし方

第3章 中国新経済はなぜ発展したのか
1 中国政府が目指すイノベーション駆動型の経済成長
2 イノベーションで社会問題を解決する

第4章 「中国新経済」支える信用システム
1 「信用スコア」がもたらす様々な特典
2 社会統治に組み込まれる「新経済」
―‐
第5章「中国新経済」のゆくえ
〜日本はどう向き合うか~
1 「中国新経済」の影
2 キャッシュレスのメリットとデメリット
3 規制される「新経済」
4 日本の商機をさぐる

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る