作品紹介

 鳥取県の境港市は、『ゲゲゲの鬼太郎』で知られる漫画家・水木しげるの故郷である。
 そして、境港市といえば、なんといっても、妖怪たちのブロンズ像がメイン通りの両側に居並ぶ街として有名である。
 なにしろ、空路で入れば米子空港は「鬼太郎空港」だし、JR境線の電車に乗れば、それは「鬼太郎列車」だったりする。境港市に入れば、「鬼太郎交番」もあれば、「鬼太郎ポスト」もある。とにかく、妖怪オンパレードだ。
 そして、街の最大のアイコンが、妖怪のブロンズ像である。その数は年々増えつづけて、現在177体! 隠岐島や県庁やJR駅構内の像も含めれば、200体を超える。
 2018年、市は無秩序に並んでいたブロンズ像の大規模な移築を行った。現在では、「水木マンガの世界」「森にすむ妖怪たち」「神仏・吉凶を司る妖怪たち」「身近なところにひそむ妖怪たち」「家にすむ妖怪たち」の分類にしたがって並べられている。
 本書は現在の妖怪ブロンズ像を網羅する最新の図鑑だ。各ブロンズ像は、水木しげるの漫画に描かれた妖怪をモデルにしているが、それらは立体的でじつにリアルな表現になっている。漫画『ゲゲゲの鬼太郎』はもちろん、妖怪に興味をもつすべて人たちへの格好のガイドブックである。
 また、本書は、年に一回、境港市と調布市で開催される「妖怪検定」のオフィシャルテキストにもなっている。
 めくるめく妖怪たちのワールドへようこそ!

担当編集者より
現在、200体近くある妖怪ブロンズをすべて撮りおろしました。妖怪を立体的に感じ取れる魅力的な写真です。妖怪好きな子供も大人も必携の、楽しい図鑑をお届けします!
目次
前書き
水木しげる氏プロフィール
水木しげる氏のふるさと・境港市は今
水木しげるロード
妖怪配置図
着ぐるみの妖怪たち

<妖怪ブロンズ像編>
①②③④水木しげる先生執筆中
⑤⑥鬼太郎ポスト
⑦⑧⑨河童の三平・タヌキ・カッパ
⑩死神
⑪⑫⑬⑭⑮⑯世界妖怪会議
⑪吸血鬼エリート
⑫⑬鬼太郎と目玉おやじ
⑭女夜叉
⑮バックベアード
⑯アササボンサン
⑰水木しげる氏顕彰像
⑱魔女の花子
⑲大海獣
⑳姑獲鳥
㉑のっぺらぼう
 ・
 ・
 ・
<妖怪レリーフ編>
<正福寺編>
<鬼太郎交番編>
<米子・JR境線編>
<隠岐フェリー編>
<隠岐編> 
<隠岐編>西ノ島町

妖怪索引
あとがき

著者

境港観光協会

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る