作品紹介

リアルすぎる公安小説!
前作『国境の銃弾』に続く新シリーズ、「警視庁公安部・片野坂彰」第2弾!

警視庁公安部長の密命を受け、「警視庁公安部付」となった片野坂彰は、国際派の若きキャリア公安マン。イェール大学、FBIで研修し、傭兵会社の経験もあるという、変わり種だ。
最強の先輩ノンキャリ情報官・香川潔と、音大出身で4か国語を自在に操る女性捜査官・白澤香葉子を相棒に、たった3人の特捜チームが国際的陰謀から国家を守る。

シリア国境にほど近い、トルコ南部の村で起きた日本人男女3人が誘拐された。しかもうち1人は、公用旅券を持つ現役外務省職員だった!
いち早く情報を得た片野坂は、香川を北海道へ派遣し、白澤にブリュッセルで情報収集に動かし、やがて中東、中国、韓国を結ぶ巨大な悪の連携が浮かび上がる。

迫りくる国家の危機とは?
狙われた日本の「動脈」とは?

公安出身の著者が、現在進行形で起きている国際情勢を巧みに取り入れ、現実よりもリアルな情報戦を描く、圧倒的な国際インテリジェンス情報小説。

担当編集者より
トルコの世界遺産・カッパドキア近くの、シリア国境周辺の村で日本人旅行者三人が、イ
スラム武装組織に誘拐されるところから物語は始まります。警視庁公安部付・片野坂彰率いるたった三人のチームは、情報収集を開始。ノンキャリながら警視庁随一の公安マンである香川潔と、帰国子女で語学に堪能なブリュッセル在住の白澤香葉子がそれぞれ縦横無尽に活躍、やがて中東と中国を結ぶ悪の連携が国家を未曽有の危機に陥れようとする陰謀を、炙り出します。狙われた日本のターゲットとは? この陰謀の黒幕は何者なのか? 警視庁公安部、内閣情報調査室勤務の経験を持つ著者にしか書けない、一気読み必至、超一級の警察エンタテインメント小説です。(担当KN)
目次
プロローグ

第一章 人質
第二章 情報戦
第三章 ソウル
第四章 ベイルート
第五章 日本国内のターゲット
第六章 救出
第七章 告白
第八章 銃撃戦

エピローグ

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る